一撃殺虫!!ホイホイさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一撃殺虫!!ホイホイさん』(いちげきさっちゅう!!ホイホイさん)は、田中久仁彦による日本漫画作品。

概要[編集]

メディアワークスの月刊コミック『電撃大王』に連載されていた。基本的に1話1ページのショートコミックで、単行本は全1巻。コミックスの初回限定版には、他所では未公開のオリジナルアニメーションDVDが同梱されている。

2003年11月27日にはコナミからPlayStation 2用ソフト『一撃殺虫!!ホイホイさん』としてテレビゲーム化された。

2007年9月発売の『電撃黒「マ)王』より、続編である『一撃殺虫!!ホイホイさんLEGACY』が開始された。なお、『電撃黒「マ)王』が2010年6月発売号を以て『電撃「マ)王』へ統合されたため、同年7月発売の同年9月号から同誌に移行している。

ストーリー[編集]

20XX年、すべての害虫は薬品に対して耐性を持ってしまった。そこで開発されたのが、インターセプタードール(ID)「ホイホイさん」であった。人間の手が届かない隙間に巣食い、殺虫剤が通用しない害虫を、物理攻撃によって駆逐するための、身長約11.5cm の半自律型人型ロボットである。

主な登場人物[編集]

インターセプタードール[編集]

ホイホイさん
- 釘宮理恵(無印) / (田村ゆかり平松晶子野田順子:PS2)
本作品の主役機。「マーズ製薬」が開発した害虫駆除ロボット。外見はメイド服を着た女の子。銃器の他、刀剣やハンマーなどの近接武器まであらゆる装備を駆使して害虫を駆除する他、死骸の掃除から、火災用の水鉄砲も装備可能な汎用性を誇る。服装、武器などあらゆるカスタマイズが可能で、本来の役割の害虫駆除以外にも人気に火がつく。後発の機体に比べるとスペックは見劣りするが、常にバージョンアップを繰り返して対応している。
背面にUSB端子を備え、必要に応じてPCに接続しシステム設定やソフトのインストールを行う他、増加バッテリーパック、飛行ユニットのようなオプションの装着に用いる。バッテリーはニカド電池。減少すると専用クレードルまで自動で帰投し、足裏の電源端子から充電を行うが、バッテリー寿命が迫ると家具の裏などで立ち往生してしまうこともある。
その後、マーズ製薬が「XENTEX」に合併吸収されて「ゼンテックス・マーズ」となり、その新社長となった古屋敷の案で全世界へ展開。強化外骨格などさらなるオプションの拡充が行われている。
現行型はID-4で四番目のモデルである。世界展開に合わせてID-2型の復刻版がリリースされた。
ホイホイさんMini
ホイホイさんのサポートユニットとして発売された、小さいサイズのホイホイさん。ホイホイさんの入れない隙間などで駆除を行い、ホイホイさん用の専用武器や弾を運んだりする。
コンバットさん
声 - 田中理恵(無印)
「マーズ製薬」のライバル会社、「KINRYU(キンリュー)」がホイホイさんに対抗して開発した。ホイホイさんよりも更にミリタリー色が濃い製品になっている。後発機ゆえスペックは優り、TVCMではワイヤーを用いて高所からリペリングするなど運動性能をアピール。デフォルト装備の電撃端子など、直接打撃による駆虫を得意とする。
一方ソフトウェア面では識別機能などが劣る模様で、ホイホイさんは益虫(非駆虫対象)と判別するクモ等も無差別に攻撃する。さらに、狙ってか知らずか、ホイホイさんまでも害虫と判断し攻撃してしまう。命令するとそれに対して返答するが、理解・承諾できない命令にも適当に返答をしている。別会社から「寸止め君」という、ホイホイさんを攻撃しようとすると強制停止をかけるジャミングパーツが発売されているが、コンバットさんを複数所持していると、それぞれが勝手に外してしまう。また、水をかけられると故障する。何かと厄介な機能と欠点を抱えているロボットである。
背部オプション用コネクタは独自規格で、レドームを思わせる円盤状の「寸止め君」もここに装着する。電源端子及びUSB端子は頭部左右のアンテナ状パーツに内蔵されている。
商品展開では、武装面はトレーラー式のビームライフルなどマーズ製薬も躊躇するような代物をも商品化に踏み切る一方、コスチューム等には注力されておらず、機体高が若干ホイホイさんより大きいため流用にも制約があり、マニアの間では自作する動きが活発。
ペストXさん
マーズ製薬を辞めさせられた古屋敷が再就職したアメリカの会社「XENTEX(ゼンテックス)」にて開発した第3のインターセプタードール。オボロという名の専用バイクがあり、移動用だけでは無く変形して大鉄腕となって合体する機能も備えている。害獣(ネズミと推測される)にも対応を謳っており、最後発という事もあってホイホイさんやコンバットさんよりもスペックが高く、武器は主に近接武器限定であるが、オボロとの合体形隊ではコンバットさんを一方的にねじ伏せることが可能。ホイホイさんを守るように設定されており、逆にホイホイさんを攻撃するコンバットさんを「キンリューの犬」と呼んで破壊も辞さない。

登場人物(無印)[編集]

油壷
声 - 森久保祥太郎(無印)
「ホイホイさん」にはまっている青年。本来の目的である害虫駆除以外に大金をつぎ込んでおり、そのせいで食生活を破綻させている、所謂「痛い人」。きみ子に若干恋心を抱いているが、自身が重傷レベルのホイホイさん依存の為、成就していない。物語の舞台は関西圏と察せられるが、他からの転勤組であるのか、きみ子らと違って関西弁で話さない。
出羽きみ子
声 - 那須めぐみ
薬局で働く女性。人形が好きでその服を自分でつくってしまうほど。それ故ホイホイさんを衝動的に購入するものの、見ただけで拒絶反応を示すほどの大の虫嫌いであるにも関わらずホイホイさん本来の役目も完全に失念し、説明書なども一切読まなかった軽率さの為に、駆除後のゴキブリまみれになったホイホイさんの姿を目の当たりにすることになってしまった経験がトラウマとなり、以後はホイホイさんにも拒絶反応を示す様になった。その苦い経験から、「命令を聞く」という触れ込みのコンバットさんを購入するが、またしても注意書き等を読まなかった為、前回の二の舞となり、結局は油壺にあげてしまう。油壺の事が若干気にはなっているようだが、その油壷がホイホイさんに御執心な事も手伝って、付き合うところまでは考えていない。実は隠れ巨乳。
不死川睦美(しなずがわ むつみ)
声 - 中原麻衣
きみ子の友人。きみ子に同人イベントでのホイホイさん用オリジナル衣装の販売を誘う。部屋はホイホイさんグッズに埋もれており、自らもコスプレをするマニア。油壺との付き合いは無いが近隣に住むホイホイさんマニアとして見知っており、ナス顔男と渾名をつけている。いささか常識から乖離しているところがあり、トラブルを招くことも。日本でのマーケット調査の為限定販売された「ペストXさん」をオークション転売(しかも規約違反である知り合いによる「価格釣り上げ」を行った)する商魂逞しい場面もあった。この件の他にも、ホイホイさん食玩の「当たり」サーチなど、影で油壺の財布にかなりのダメージを与えている。アパートの2階に住んでいたのだが、あまりのホイホイさんグッズの多さと重量に耐え切れず、床が抜けてしまった(1階には誰もいなかった為、怪我人は出なかった)。
店長
声 - 田中完
きみ子が働く、薬局の店長。
古屋敷
声 - 大塚明夫(無印)
「マーズ製薬」で「ホイホイさん」を開発した人。そのためか異常なまでにホイホイさんに愛情を注ぎ、コンバットさんに対しては凄まじいライバル心を抱いている。データよりも実際に見て感じた事を企画として提出するため(「ホイホイさん」用のジェットエンジンの飛行ユニットや強化外骨格、レーザー兵器などが上げられる)、上層部の受けの悪さからあまり採用はされず、いつも却下されている。一度、レーザー兵器の案が「KINRYU」より発売された際、部下の矢崎の事を疑った(レーザー兵器の案は古屋敷が矢崎にしか話していなかった為、スパイであると早合点して暴行沙汰に及んだことで一週間の自宅謹慎処分となった)。さらにドルケ(ドールマーケット)にてホイホイさんのコスプレをして乗り込み、その時の写真が社内でメール配信されてしまった結果、ドルケ会場に来ていた矢崎を再び疑って暴行沙汰を起こした事で遂に上層部の逆鱗に触れ、懲戒免職処分となってしまう。だが、その手腕とホイホイさんの開発に携わった経験から、以前に仕事で組んだことがあり現在アメリカにいる人物から誘われ「XENTEX」に入社して「ペストXさん」を開発。後に「マーズ製薬」が「XENTEX」に吸収されて「ゼンテックス・マーズ」となり、その新社長として返り咲いた。
矢崎
声 - 森久保祥太郎
「マーズ製薬」の社員。古屋敷の部下だが、とばっちりを喰らいやすい。「色が選べるホイホイさん」など、古屋敷とは正反対にデータを重視したマーケティングで企画案を出す為、上層部からの受けが非常に良く、古屋敷よりも採用されることは多いが、「マニア」や「オタク」と言った購買層のコアをなす顧客には受けない。古屋敷が懲戒免職処分を受けた後、その業務を引き継いだが、コア顧客層の志向から乖離した方針転換が仇となって販売は低迷の一途を辿る。最終的には「マーズ製薬」が「XENTEX」の傘下に入り、古屋敷が新社長として戻った際、ホイホイさんを守れなかったと古屋敷に謝罪している。

登場人物(LEGACY)[編集]

百目鬼まゆ
主人公。14歳の誕生日にホイホイさんを買ってもらう。倹約家のため最初は興味がなかったが。
百目鬼幸太郎
まゆの父親。まゆと2人暮らしで、電気料を滞納するほど家庭は貧乏。
栂村めぐる
まゆの友人。
栂村ゆうき
栂村みゆき
篠木まみ

ゲーム[編集]

PlayStation 2ソフト。ホイホイさんを操作して害虫を駆除するミッションクリア型の3Dアクションゲーム。2003年11月27日発売。限定版は等身大フィギュア付き、通常版はミニミニハンドブック付き。2006年3月2日には廉価版「コナミ・ザ・ベスト」として再発売されている。

PS2キャスト[編集]

PS2製作スタッフ[編集]

アニメ[編集]

OVA(第1作)[編集]

一撃殺虫!!ホイホイさん オリジナルアニメーション』。メディアワークス発行コミック初回限定版同梱DVD。2004年9月30日初版発行。

スタッフ(OVA第1作)[編集]

  • 企画 - 佐藤辰男
  • 原作 - 田中久仁彦
  • 監督・脚本・絵コンテ - 佐藤卓哉
  • アニメーションキャラクターデザイン・作画監督 - 越智信次
  • 美術監督 - 大野広司
  • 色彩設計 - 馬庭由佳
  • 音響監督 - 明田川仁
  • プロデューサー - 梅澤淳、大澤信博、安西武
  • 共同プロデューサー - 飯島直樹、神部宗之
  • アニメーションプロデューサー - 石田博
  • プロデュース - GENCO
  • アニメーション制作 - 童夢
  • 製作 - メディアワークス

OVA(LEGACY)/中止[編集]

『一撃殺虫!!ホイホイさんLEGACY』コミックス第1巻オリジナルアニメーションDVD付き特装版に収録される予定であったが、当初2013年3月28日予定から2013年6月28日発売予定に延期されるも、製作の目処が立たず2013年4月26日には発売中止が告知された[1]

以下、当初の予定。

キャスト(LEGACY)[編集]

スタッフ(LEGACY)[編集]

  • 原作 - 田中久仁彦(アスキー・メディアワークス刊、電撃マオウ連載)
  • 監督 - 川崎逸朗
  • シリーズ構成・脚本 - 山口宏
  • 演出 - 古田丈司
  • キャラクターデザイン・作画監督 - 藤田まり子
  • 美術監督 - 青井孝(ステロタイプスマーチル)
  • 音響監督 - はたしょう二(サウンドチーム・ドンファン)
  • 音楽 - 菊谷知樹
  • 撮影 - T2スタジオ
  • アニメーション制作 - ブリッジ

プラモデル[編集]

壽屋から2009年9月より展開を開始した、1/1スケールプラスチックキットモデルシリーズ。
初回分が瞬く間に完売し、2009年11月には再発売される程の好評を博している。また、専用カスタマイズパーツの商品化も企画されている。 (ホイホイさんminiはコトブキ屋店舗・電撃屋オンラインで購入可能だが、コトブキ屋オンラインでは取り扱っていない。)

記載は発売日順。キット名・発売時期・定価(税込み)を記載。

  1. ホイホイさん (2009年9月) 3,150円
  2. ホイホイさん~重戦闘 Ver.~ (2010年3月) 3,990円
  3. コンバットさん (2010年4月) 3,150円
  4. カラフルホイホイさん ~重戦闘“ナイトメア”Ver.~ (2010年6月) 3,990円
  5. ペストXさん (2010年6月) 3,150円
  6. オボロ (2010年9月) 3,990円
  7. コンバットさん~タクティカルスーツVer.~ (2010年10月) 3,150円
  8. ホイホイさんMini with ホイホイキャリー (2010年11月発売) 3,675円
  9. 専用クレイドル(ホイホイさん用充電器型スタンド) (2010年11月発売) 1,260円
  10. ホイホイさん~着せ替えセット~ (2011年2月発売) 3,990円

脚注[編集]

  1. ^ 電撃コミックスEX 『一撃殺虫!!ホイホイさんLEGACY 1 オリジナルアニメーションDVD付き特装版』 刊行中止に関するお詫びアスキー・メディアワークス 2013年4月26日

外部リンク[編集]