海法紀光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

海法 紀光(かいほう のりみつ)は、日本ライトノベル作家、翻訳家。神奈川県出身。慶應義塾大学ファンタジー研究会出身。大学生時代に英語版テーブルトークRPGTORG』のサプリメントの同人翻訳を当時このゲームの翻訳版を出版していた新紀元社に投稿し、実力が認められ翻訳チームの一員に。以降、アメリカンコミックの翻訳や小説執筆へと活躍の幅を広げる。

ゲーム・活字・アメコミ・SFに対する造詣が深い。

代表作[編集]

小説[編集]

エンターブレインファミ通文庫

ハーヴェスト出版みのり文庫

アスキー・メディアワークス電撃ゲーム文庫

ドラマCD(シナリオ)[編集]

  • GUILTY GEAR X ドラマCD VOL.1,VOL.2
  • GUILTY GEAR XX ドラマCD SIDE:RED,BLACK
  • GUILTY GEAR XX ドラマCD「ナイト・オブ・ナイブズ Vol.1〜3」

漫画[編集]

ゲームシナリオ[編集]

  • 塵骸魔京(夜刀史朗名義[1]
  • 家庭用 GUILTY GEAR X ストーリーモード
  • 家庭用 GUILTY GEAR XX ストーリーモード

アニメ[編集]

特撮[編集]

テーブルトークRPG[編集]

翻訳[編集]

出典[編集]

  1. ^ BLOG 希有馬屋 2005年06月23日 『塵骸魔京』 発売間近!!! 2014/2/3閲覧

外部リンク[編集]