文倉十

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

文倉 十(あやくら じゅう、1981年12月7日[1] – )は京都府出身[2]イラストレーターである。小説の表紙・挿絵などの仕事をしている。

略歴[編集]

高校卒業後、美術系の専門学校に進学する。専門学校卒業1年後にプロを志し上京。その1年後にキャラクターデザインと原画を担当したゲーム『ANGEL BULLET』が転機となり、以降本格的にプロとして活動する[3]

ライトノベル挿絵の仕事を探して、メディアワークス(現 アスキー・メディアワークス)、メディアファクトリーエンターブレインなどに持込し、2005年、メディアワークスにより『狼と香辛料』のイラストレーターに採用された[4]

作品リスト[編集]

小説の表紙・挿絵[編集]

漫画[編集]

  • 古社唄(季刊GELATIN2009はる)
  • 其処何処(季刊GELATIN2010はる、2010なつ)
  • くだんの件(季刊GELATIN2011ふゆ)

ゲーム[編集]

ソフトウェア(ゲーム以外)[編集]

イラスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ■about■ 2011年12月5日閲覧。
  2. ^ http://www.gpara.com/comingsoon/lastbullet/081114/
  3. ^ 『狼と香辛料ノ全テ』より。
  4. ^ Special Interview 文倉 十 - 作家JAPAN(2009年11月17日時点のアーカイブ
  5. ^ 新VOCALOID™登場!『VOCALOID™3 結月ゆかり』2011年12月22日(金)発売 - AHS 2011年12月1日(木)プレスリリース

外部リンク[編集]