エッセイ漫画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エッセイ漫画(えっせいまんが)とは、漫画作者の身の回りで起きた出来事やその感想をつづった漫画作品。コミックエッセイとも称される。

概要[編集]

文学における随筆(エッセイ)になぞらえられるところから名づけられた。メディアファクトリーの「コミックエッセイ劇場」では「フツーの漫画と違う『作者の体験をベースにしたコミック』と言えばいいでしょうか?」と定義している[1]

作品の内容は基本的にノンフィクションであるが、エッセイ漫画の体裁を用いたフィクションや、基本はノンフィクションだが創作を混ぜわざと虚実を曖昧にして描かれる作品(例:みずしな孝之いい電子』)も少なくない。

またストーリー漫画の単行本などにも、作者の「後書き」や「おまけ」などとして身辺雑記めいた小品が描かれることが少なくないが、これもエッセイ漫画と言えるだろう[要出典]。時には「本編よりも面白い」との感想が届き、さらにそれを作者がネタにする光景が見られることもある(駒井悠そんな奴ァいねぇ!!』など)。また、ストーリー漫画の本編でも、ストーリーの本筋から脱線して身辺雑記的な内容が描かれることもあるし、ギャグ漫画ではフィクションの世界にエッセイ漫画が「乱入」するというネタをギャグとして使うこともある(新井理恵× ―ペケ―』は終盤数話が突然作者のエッセイ漫画となった)。

最近では、メディアファクトリーが雑誌『ダ・ヴィンチ』との連携で開催する『コミックエッセイプチ大賞』など、エッセイ漫画に対象を限定した漫画賞も現れつつある。

主な作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コミックエッセイとは? - コミックエッセイ劇場