ローツェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローツェ
ローツェ
標高 8,516 m
所在地 ネパールの旗 ネパール
中華人民共和国の旗 中国チベット自治区
位置 北緯27度58分 東経86度56分座標: 北緯27度58分 東経86度56分
山系 ヒマラヤ山脈(クーンブ・ヒマール)
初登頂 1956年5月18日
スイスの旗 スイスエルンスト・ライスフリッツ・ルフジンガー
ローツェの位置(ネパール内)
ローツェ
ローツェ
ローツェの位置(ネパール
ローツェの位置(アジア内)
ローツェ
ローツェ
ローツェの位置(アジア
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
エベレスト(左)とローツェ(右)

ローツェ(Lhotse)は、ヒマラヤ山脈エベレストの南に連なる。標高は8,516mで世界第4位。主峰の他に中央峰(8,414m )、シャール峰(8,383 m、東峰)がある。ローツェはチベット語で「ロー=南、ツェ=峰」の意で、エベレストの南峰であることを意味する。ローツェの頂上とエベレストの頂上は、直線で約3kmほどしか離れていない。

西壁[編集]

ローツェは北の鞍部を経てエベレストにつながっている。ローツェの西側面は「ローツェ・フェース」として知られている。鞍部を通りエベレストへと向かう登山家は、この高さ1,125 mに及ぶ氷壁を登らなければならない。この氷壁は通常で40度から50度、場所によっては80度以上になる勾配を持つ。登山者とシェルパは、氷壁の適当な位置にロープを固定し、ユマール(登高器)を一定のリズムで操作しなければならない。氷壁の上には「イエロー・バンド」「ジュネーブのシュプール」と呼ばれる2つの岩場がある。

南壁[編集]

ローツェ南壁は標高差が3,300 mあり、世界屈指の大岩壁である。登攀は極めて難しいとされる。ラインホルト・メスナーら世界の名だたるアルピニスト達の挑戦を退け、イェジ・ククチカニコラ・ジャジェールらのクライマーが、ここに眠っている。過去、1990年5月にスロベニアトモ・チェセンが単独・無酸素で45時間20分かかり初制覇したとされるほか、同年秋にソ連隊17人中の2人が南壁の別ルートから登頂を果たしたのみであった[1]。なお、トモ・チェセンの登攀は登頂証明とされる写真が他人から借用したものだったこと、登頂時に見たとする景色がロシア隊や後に挑戦したピエール・ベジャンなどの証言とあまりに食い違うことから現在では疑義を呈されている。 2006年12月27日に、田辺治を隊長とする日本山岳会東海支部のパーティが、冬季としては史上初の南壁登攀を達成した[2]。ただし、体力を消耗していたため登頂は断念した[3]

登頂史[編集]

ローツェの登頂は、1956年5月18日エルンスト・ライスフリッツ・ルフジンガーが率いるスイスの登山隊によって成し遂げられた。1970年5月12日にはオーストリア隊のZepp MaierlとRolf Walterがシャール峰への登頂に成功し、2001年5月23日にロシアのEugeny Vinogradsky・Serguei Timofeev・Alexei Bolotov・Petr Kuznetsovの4人が中央峰に登頂している。

1988年12月31日に、ポーランドの登山家クシストフ・ヴィエリツキ(Krzysztof Wielicki)が、ローツェの冬季初登頂に成功した。

2003年10月までに243人が登頂に成功し、イェジ・ククチカら11人が命を落としている。

年表[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]