CO 移植コーディネーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CO 移植コーディネーター
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜 22:00 - 23:00(60分)
放送期間 2011年3月20日 - 4月17日(5回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 WOWOW
監督 生野慈朗
内片輝
塚原あゆ子
脚本 秦建日子
出演者 吉岡秀隆
ユースケ・サンタマリア
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

CO 移植コーディネーター』(シーオーいしょくコーディネーター)は、2011年3月20日からWOWOW連続ドラマW枠で放送された連続テレビドラマ。全5話。

キャッチコピーは臓器移植の、光と闇。

概要[編集]

臓器移植で命をつなぐ職務、臓器移植コーディネーター2010年7月に臓器移植法が改正された後の、今を問う命の物語。フィクションの社会派ドラマであり、また、命に関わる人々を描いた人間ドラマでもある。

出演[編集]

臓器移植コーディネーター。
臓器移植コーディネーター。
倉本の妻。
倉本の息子。
ドナー(臓器提供側)家族。
健の母。ドナー家族。
健の父。ドナー家族。
週刊ヘッドライン記者。
目黒中央署刑事。
竹之内総合病院の患者。
レシピエント(臓器受け取り側)家族。
レシピエント家族。海斗の母。
ドナー家族。須藤亜季の義父。
ドナー家族。夫が脳死状態。
ドナー家族。母が脳死状態。
厚生労働省職員。
斎藤製薬会長。
竹ノ内総合病院院長。

スタッフ[編集]

15歳未満のドナーによる脳死移植[編集]

2009年に脳死移植を可能とする臓器移植法の改正が行われ、2010年7月17日以降は、脳死移植は本人が提供拒否の意思を示していない限りは、家族の同意が得られれば認められるようになった。これによって、日本国内で15歳未満のドナーの臓器移植が可能となった。 ドラマ最終話放映直前の2011年4月13日に、日本で初めて15歳未満のドナーによる脳死移植が行われ、ドラマの主軸の一つである日本初の子供の脳死移植について、ドラマの内容に現実が追いついてしまった形となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

WOWOW 連続ドラマW枠
前番組 番組名 次番組
幻夜
(2010.11.21 - 2011.1.16)
CO 移植コーディネーター
(2011.3.20 - 2011.4.17)
下町ロケット
(2011.8.21 - )