福田己津央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

福田 己津央(ふくだ みつお、1960年10月28日 - )は、日本アニメーション監督脚本家演出家。かつては福田満夫及び、ふくだみつお名義で活動していた。栃木県出身。

略歴[編集]

高校卒業後、1979年サンライズに19歳で入社[1]。 『銀河漂流バイファム』、『超力ロボ ガラット』、『機甲戦記ドラグナー』などの監督を務めた神田武幸の弟子[2]を自称する。

OVA作品『新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA』において、家庭内での仕事についての話し相手だった妻の両澤千晶を脚本家に抜擢し、以降は自らの監督作品でほぼ一括してシリーズ構成を両澤に任せている(両澤の脚本の仕事も記録にあるものでは、夫の福田が監督した作品にほぼ限られている)。

主な作品は『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』『GEAR戦士電童』『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ等。演出に転じたドラグナー以降はフリーの立場ではあるが、他社の作品への参加は非常に少なく、大半はサンライズ作品に参加している。サンライズのプロデューサー出身でサンライズ元社長・元会長の吉井孝幸、サンライズのプロデューサー出身の古里尚丈と関係が深く、キャリアの多くが彼等の担当した作品やシリーズへの参加である。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ11(1992年)総監督、ストーリー原案、脚本、絵コンテ、演出
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO(1994年)総監督、ストーリー原案、脚本、絵コンテ、演出
  • プライベート・アイ・ドル(1995年)監督
  • 機動戦士ガンダム第08MS小隊1996年)プロモ絵コンテ
  • 新海底軍艦1996年)監督、絵コンテ(共に第2話のみ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラEARLYDAYS RENEWAL(1996年)監督、脚本、演出
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA(1996年)総監督、ストーリー原案、絵コンテ、演出
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN(1998年)総監督、ストーリー原案、ストーリーボード

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『公式ガイドブック機動戦士ガンダムSEED-運命の再会-』(角川書店・2003)掲載のインタビューより。
  2. ^ 神田の監督する『機甲戦記ドラグナー』で福田が演出などにスタッフとして参加していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]