福田己津央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

福田 己津央(ふくだ みつお、1960年10月28日 - )は、日本アニメーション監督脚本家演出家。かつては福田満夫及び、ふくだみつお名義で活動していた。栃木県出身。血液型A型

略歴[編集]

高校卒業後、1979年サンライズに19歳で入社[1]。 『銀河漂流バイファム』、『超力ロボ ガラット』、『機甲戦記ドラグナー』などの監督を務めた神田武幸の弟子[2]を自称する。 OVA作品『新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA』において、家庭内での仕事についての話し相手だった妻の両澤千晶を脚本家に抜擢し、以降は自らの作品でほぼ一括してシリーズ構成を両澤に任せている(両澤の脚本の仕事も記録にあるものでは、夫の福田が監督した作品にほぼ限られている)。 主な作品は『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』『GEAR戦士電童』『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ等。

逸話・特徴・発言[編集]

  • 家業の呉服問屋を継ぐため『無敵ロボ トライダーG7』の途中でサンライズを退職したが、後に出渕裕の口利きで『超力ロボ ガラット』より復職している[3]
  • ダメなアニメは子供に見せていないと言い、『ドラえもん』をその代表に挙げ、「人に頼るような主人公はダメだ。男は自分の力でやらなくちゃいけない。もっと教訓的なものを子供に見せなくては」と批判している[4]
  • なるべく台詞を少なくして、台詞の裏にあるべき感情を表現することにこだわりがあるという[4]
  • 「自分はストーリー主義であり、脚本に一番時間をかける。脚本とコンテに時間をかけるため、作画する時間が短くなったりする」と発言している[4]
  • 最近のテレビアニメ作品は質、程度が昔より良くない、と評じていた。「作画はいいのに話が駄目」といった作品があるとも語っている[4]
  • 電童をやるにあたり、(その少し前から)サンライズがガンダムシリーズ以外のロボットものをあまりやっていなかったのが如実に出たと語っている。曰く「(サンライズは)あまりカッコイイ系のロボットをやっていなかった。 ロボットの見せ方は初代ガンダムみたいなの(見栄の切り方、格好良さ、動き方)でいいと思う」とのこと[4]
  • サイバーフォーミュラOVAの後期のリリースが遅れていったのは、「狙った感情表現などが、かなり微妙で自分の意図を伝えられないのが嫌だった」などの理由から、自分が演出を全て担当するなど、メインスタッフを極端に少なくしたためであるという。これについて「自分の責任で自分が悪いが、後悔してはいない。技術的な問題」と弁じている[4]
  • 「今のアニメの技術は落ちたと思う。 全体的に技術面に関し地盤沈下している。きちんとモノ作りをやってきていない。自分の若いころは先輩達に叱られても耐えたが、 今の若い人はそうではない。 先輩達は本当はアニメではなく映画等を作りたかったなどといった向上心があったが、今の若い人達はただアニメを作りたくてアニメをやっている」という評論をしている[4]
  • 「ドラマを描いてるのに芝居がちゃんとできていない、なっていないのは嫌だ」「自分はアニメじゃなくドラマが作りたい。アニメの表現を逸脱せず、アニメの表現でのドラマにしたい。初期のガンダムなどは、ちゃんとドラマになっている。自分は画面内でキャラ達だけが勝手に盛り上げって視聴者を置いていくようなアニメは嫌だ」とドラマに対し、こだわりがある事を自負した発言をしている[4]
  • 「TVアニメはエンターテイメントである事が第一で、芸術性を持たせる、作家のメッセージ性を強く出すなんてあり得ない。そういうものは小説やドキュメンタリーの仕事」と持論を述べている [5]
  • 「今の子供たちの価値観は大きく変わっていて第二次世界大戦のテイストを出してもピンと来ない。『このガンダムは僕達の話だよね』と子供たちが思える作品にしなきゃいけない。要するに、子供たちが共感できるドラマであることが重要。それには子供たちがおかれている状況、見てきたもの、悩んでることや考えを理解しなければならない」「戦争を描くなどというのは正直無理で、アニメはドキュメンタリーじゃない。作品は視聴者に『感動』を送るもの。そのためには人間を描く以外に無い。大切なのはキャラクターの思いを届けること。そのためにストーリーをドラマにしなければならない。最近ではドラマとストーリーの意味を履き違えている作品が多い気がする、実に嘆かわしい」とガンダムSEED制作においての己の考えを発言している[6]
  • 現在の所属はフリーであるが、スタッフとしての参加はサンライズの作品がほとんどである。現時点でサンライズ作品以外への参加は、記録にあるものとしてはOVA『新海底軍艦』全2巻のうちの後半1本と、アニメフリークFXに収録されたアニメ版『プライベート・アイ・ドル』(短編3本)があった(いずれも監督)。他に2011年にコナミのゲーム「武装神姫 BATTLE MASTERS mk2」のOPの監修・コンテをしたことが確認されている。
  • ウルトラマンガイア』のDVDを全巻所持。『GEAR戦士電童』を製作する際参考にしていた[要出典]
  • の生えたロボットデザインが好みで武器に関してはを好んでいる[7]
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のシン・アスカ役、鈴村健一はオーディションではなく福田自身の推薦により選ばれた[要出典]
  • 福田が監督を務める作品にはだいたいは三石琴乃が出演している。
  • 『ガンダムSEED』の放送中、富野由悠季の「これでガンダムを終わらせるつもりでやってほしい」という願望とは裏腹に続編が続くような終わらせ方であったため、酷く叱られたことがある[8]
  • 『機甲戦記ドラグナー』でドラグナー各機にはあくまで非常用の装備としてナイフの設定が存在したが、監督である神田武幸がナイフは不良犯罪の象徴だとして映像に映さなかった。福田は当時、設定があるのに使用しないのは勿体無く無意味だと考えていた[要出典]。その後、自身が監督を務める『ガンダムSEED』シリーズの作品にオマージュ、または教訓的な意味合いを込めて「ナイフ」を登場させ、番組紹介のTVCMなどでもストライクが両手にナイフを構えているシーンが度々放送された。
  • 妻の両澤千晶による脚本執筆が遅れたため、『ガンダムSEED DESTINY』最終話の製作がバンクなどを乱用しなければならない悲惨な状況になっていたが、福田が『西川貴教のオールナイトニッポン』最終回の観覧に行っていたとして、作画監督であった椛島洋介が自身のブログで「監督様ご一行はラジオ観覧ですか」と痛烈に批判した。また両澤千晶についても、「シナリオ引っ張ってないで仕事しろ。ちゅーか書けないならもう書くな。だがせめて空気だけは読めるだろ。大人なんだから」と脚本降板を促す様な批判を行った。一方で椛島は「福田の演出は好きであり、尊敬している」とも述べていた。その後、同ブログは2005年11月27日に閉鎖された[9]
  • 1996年以降に監督したアニメ作品のほとんどの劇伴音楽に作曲家の佐橋俊彦を起用している。
  • 『ガンダムSEED DESTINY』以降は、2006年5月に『ガンダムSEED』の劇場版の製作が発表されたものの、ガンダムSEED関連のプロモーション用映像や、AMC(ミュージッククリップ)、HDリマスターといった過去に手がけた作品関係を除き、新規の作品への参加はほとんど確認されていない。新規作品の参加としては、2011年に コナミのゲーム『武装神姫 BATTLE MASTERS Mk.2』のOPの監修・コンテを務めていた事のみが確認されている(OP演出はサイバーフォーミュラやガンダムSEEDで福田のもとで作画監督を務めた重田智)。また一方で制作中とされた劇場版ガンダムSEEDは、のちに福田が『機動戦士ガンダムSEED HDリマスター』の製作に入った事実から、結局製作されなかった事が確認された。
  • 2013年、Twitterでの発言では、特定秘密保護法案に対し反対・批判的なスタンスをとる文化人達に対して「(法案の)何が問題なのか自分はわからない。(批判的な人達の)コメントを読むと思考が太平洋戦争に飛んで行く」「(反対者の顔ぶれは)韓国とか中国の国益が大事な皆さんが揃いも揃っている」「いまだに太平洋戦争が云々持ち出す文化人の頭は、カビが生えた時代遅れにしか思えない」とこの問題に対し自身の姿勢を鮮明にした。また、同時期に取り沙汰された東京都知事(当時)の猪瀬直樹の金銭問題に関して「何故こんなに猪瀬さんが苛められてるのか理解不能」「僕はきっちり人のための仕事が出来てる人なら、賄賂くらい大目に見る。民間だって賄賂(のようなもの)はあるだろう」「ルール違反と言うなら、世の中のほとんどの人はルール違反をしている」と猪瀬氏を擁護し、同時に贈賄や法への違反などは問題ないという主旨の発言をした。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ11(1992年)総監督、ストーリー原案、脚本、絵コンテ、演出
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO(1994年)総監督、ストーリー原案、脚本、絵コンテ、演出
  • プライベート・アイ・ドル(1995年)監督
  • 機動戦士ガンダム第08MS小隊1996年)プロモ絵コンテ
  • 新海底軍艦1996年)監督、絵コンテ(共に第2話のみ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラEARLYDAYS RENEWAL(1996年)監督、脚本、演出
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA(1996年)総監督、ストーリー原案、絵コンテ、演出
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN(1998年)総監督、ストーリー原案、ストーリーボード

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『公式ガイドブック機動戦士ガンダムSEED-運命の再会-』(角川書店・2003)掲載のインタビューより。
  2. ^ 神田の監督する『機甲戦記ドラグナー』で福田が演出などにスタッフとして参加していた。
  3. ^ BEAT☆Net Radio!『BURNING EMOTION 熱きBOX 魂』トライダーG7後編での出渕の発言より。
  4. ^ a b c d e f g h 『この人に話を聞きたい』(飛鳥新社)より。
  5. ^ 『別注カドカワ 総力特集 西川貴教』より
  6. ^ 『機動戦士ガンダム30周年画集 天地創造』より
  7. ^ マスターグレードストライクフリーダムガンダムに付属『ガンプラエース』での大河原邦男発言より
  8. ^ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ハイ・ストリーマー3 シャア篇』より
  9. ^ 椛島洋介HP『お前ら物申す』2005年9月29日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]