川崎ヒロユキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

川崎 ヒロユキ(かわさき-、本名:川崎 裕之(かわさき ひろゆき)、1965年11月17日 - )は日本脚本家小説家ぶらざあのっぽ出身。川崎ヒロユキ脚本研究所主宰。主にアニメ脚本を手掛けている。

来歴[編集]

神奈川県横須賀市出身。中学の頃に映像業界への道を志し、独学で脚本を学ぶ。神奈川県立横須賀大津高等学校卒業後、東京映像芸術学院特殊技術科へ進学、押川國秋に師事し実写脚本の、小山高生に師事しアニメ脚本の技術を学ぶ。

在学中に1988年魔神英雄伝ワタル第25話「ミニミニワタルの大冒険」で脚本家としてデビューし、以後アニメを中心に多数の作品の脚本やシリーズ構成を手がける。『機動新世紀ガンダムX』では全話の脚本を一人で執筆した。またアニメ作品のノベライズも手がけ、初のオリジナル作品『はっぴぃセブン』シリーズはドラマCDやアニメ、漫画化もされた。デビュー当初から、サンライズ制作の作品や、タカラトミーがスポンサードする作品に参加する機会が比較的多い。

また脚本家としての活動のみならず、1995年には後進の育成の為川崎ヒロユキ脚本研究所を設立。高山カツヒコなどといった面々が研究員として所属している。『黄金勇者ゴルドラン』などのように、設立後の一時期はこの名義でクレジットされることもあった。

ゲームクリエイターの時田貴司は高校時代の同級生であり、NHKコンテストに於いて、時田主演作品を監督、発表している。

作品リスト[編集]

アニメーション[編集]

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2014年

特撮[編集]

1991年

1993年

2000年

2006年

2008年

小説[編集]

外部リンク[編集]