エドゥアルト・ガンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドゥアルト・ガンス

エードゥアルト・ガンスEduard Gans, 1797年3月22日 - 1839年5月5日)は、ドイツ法学者法哲学者。法律学の基礎を哲学に求め、歴史法学派、特にフリードリヒ・サヴィニー Friedrich Karl von Savigny に反対したが、ドイツにおける比較法学の建設者として知られている。

来歴・人物[編集]

ユダヤ教徒の名門銀行家の息子としてベルリンに生まれた。当時ドイツの学界を席巻していたヘーゲルに直接学んだ。ヘーゲルは、哲学者であるがその論理は法学論理学から数学にいたるまであらゆる学問に影響を及ぼしていた。ベルリン大学、ハイデルベルク大学でヘーゲルから直接指導を受け、ヘーゲル自身からも多大な信頼を得ていた。

1826年にベルリン大学法学部員外教授に就任、1828年から教授。

当時主流の歴史主義的な法学から、ヘーゲル哲学を元にした哲学的な法学へと転換を主張。28年には正教授。ヘーゲル学派の機関紙「学的批判年報」の創刊に尽力。ヘーゲルの「法哲学」「歴史哲学」の講義録編集にも従事した。次第に自由主義共和主義サン・シモン主義などの社会主義的主張にも関心を示し始めたため、王室がヘーゲルに対してガンスを是正させるよう訴えたというエピソードもある。いわゆるヘーゲル学派のカテゴリーでは、ガンスは右派ないしは中央派と捉えられると考えられる。

著作[編集]

  • 『全く無記名で公に交わした契約の解除権』
  • 『自然法すなわち法哲学』
  • Über das römische Obligationenrecht (1819年)
  • Das Erbrecht in weltgeschichte Entwicklung (4巻、1824-35年)
  • System des römischen Zivilrechts (1827年)
  • 『占有の基礎に関して』 Grundlinien der Philosophie des Rechts (1833年)
  • Vorlesungen über die Philosophie der Geschichte (1837年)


参考資料[編集]

  • Breza-Spazier, Gallerie der Ausgezeichnetsten Israeliten, 1835;
  • Steffenhagen, in Allgemeine Deutsche Biographie, viii. 361-362;
  • Marheineke, Rede am Grabe des Prof. Gans, Berlin, 1839;
  • Hallische Jahrbücher für Deutsche Wissenschaft und Kunst, 1839, No. 132, pp. 206-207; 1840, No. 113;
  • Allg. Zeit. des Jud. 1839, pp. 294-295, 307-308;
  • St. Marc-Girardin, Notice sur la Vie et les Ouvrages de Gans, Introduction to the French translation of the Erbrecht by De Lomenie;
  • Strodtmann, Heínes Leben und Werke, i. 247 et seq.;
  • L. Geiger, Zeitschrift für die Geschichte der Juden in Deutschland, v. 91 et seq.;
  • ハインリヒ・グレーツ: Gesch. xi. 441 et seq.S. M. Co.
By : Isidore Singer & Max Cohen

この記述はパブリックドメイン百科事典Jewish Encyclopedia1901年-1906年版に基づいています。