オーガスト・ドヴォラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オーガスト・ドヴォラックチェコ語: August Dvorak1894年5月3日 - 1975年10月9日)は、アメリカ合衆国ミネソタ州グレンコー[1]生まれの教育心理学者。チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークは遠縁の親戚にあたる。

中等教育卒業後、1911年から1915年にかけて小学校教師、1916年ミネソタ大学に入学、1920年に文学学士。その後、ミネソタ大学附属高校の教師を務めながら研究を進め、1920年9月21日Dr. Hermione Louise Dealey ( William Learned Dealeyの妹 ) と結婚、子供は三女以上あり。[1]

"A Study of Achievement and Subject Matter in General Science"で[1]1923年ミネソタ大学University of Minnesota)で博士号を取得した後、ワシントン大学(University of Washington)に移り、特異児の才能発揮に関する研究をおこなう。1926年タイプライター教育に関する研究を開始し、((同)門下で修士論文に取り組んだFord[2]が修士となった1928年、ないし その翌1929年に研究を開始したとの説もある。[1]) 1932年Dvorak配列を発表。1933年から1935年にかけてカーネギー財団基金により、タイプライター教育に関する研究をさらに発展させた。1942年7月3日アメリカ海軍予備隊に入隊し、1945年には片手用のタイプライター配列を提案。その間もDvorak配列を採用するようアメリカ政府に働きかけ、実際に4ヶ月間の試験までおこなわれたが、1956年7月1日にアメリカ政府はDvorak配列の不採用を決定。その後ドヴォラックは、IBM 650などを用いた統計心理学に研究の中心をシフトさせた。


参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 安岡, 孝一. “タイプライターに魅せられた男たち・第35回 オーガスト・ドボラック(1)”. 2012年6月13日閲覧。
  2. ^ Ford, Gertrude Catherine (1928). A Study of Typewriting Errors. 
  • Hermione Dealey Dvorak and August Dvorak: "Commitment as Deliquent?", Journal of the American Institute of Criminal Law and Criminology, Vol.13, No.2 (1922年8月), pp.258-265.
  • August Dvorak: "Recognition of Individual Differences in the Junior High School", The School Review, Vol.15, No.9 (1922年11月), pp.679-685.
  • August Dvorak: A Study of Achievement and Subject Matter in General Science, University of Minnesota, Ph. D. Thesis (1923).
  • August Dvorak: "The Relation of I. Q. to the Prognosis of Special Class Pupils", School and Society, Vol.19, No.495 (1924年6月21日), pp.736-744.
  • August Dvorak, J. J. Rae: "A Comparison of the Achievement of Superior Children in Segregated and Unsegregated First-Grade Classes", The Elementary School Journal, Vol.29, No.5 (1929年1月), pp.380-386.
  • August Dvorak and Gertrude C. Ford: "Typewriting Demons", The Journal of Business Education, Vol.VII, No.6 (1932年5月), pp.18-19.
  • Willis L. Uhl and August Dvorak: "Cost of Teaching Typewriting Can Be Greatly Reduced", The Nation's Schools, Vol.11, No.5 (1933年5月), pp.39-42.
  • William L. Dealey and August Dvorak: "Why and Wherefore of Typewriting Errors", The Journal of Business Education, Vol.9, No.2 (1933年10月), pp.15-16; No.3 (1933年11月), pp.19-20.
  • August Dvorak and Nellie L. Merrick: "Correct Typing Motions", The Business Education World, Vol.17, No.8 (1937年4月), pp.555-559.
  • August Dvorak: "There Is a Better Typewriter Keyboard", National Business Education Quarterly, Vol.12, No.2 (1943年12月), pp.51-58,66.
  • Richard B. Lewis: "Scientific One-Hand Typing", Popular Science, Vol.148, No.3 (1946年3月), pp.131-133.
  • August Dvorak: "A One-Hand Keyboard for One-Handers", Handicap: The News Magazine for the Nation's Handicapped, Vol.2, No.1 (1948年4月), pp.2-3.
  • Paul Horst, August Dvorak, and Calvin Wright: "Computer Applications to Psychological-Programs", Educational and Psychological Measurement, Vol.21, No.3 (1961年8月), pp.699-719.
  • Philip Davis: "In Memory of August Dvorak", Computers and People, Vol.25, No.1 (1976年1月), pp.16,34-35.