吉岡隆徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉岡隆徳

吉岡 隆徳(よしおか たかよし、1909年明治42年)6月20日 - 1984年昭和59年)5月5日)は、昭和初期に活躍した陸上短距離選手である。東京高等師範学校(現在の筑波大学)を卒業。元東京女子体育大学教授。本名である「たかよし」のほか、通称で「りゅうとく」とも呼ばれた。身長165cm、体重61kg[1]

経歴[編集]

1909年6月、島根県簸川郡西浜村(後の湖陵町、現・出雲市)で神官の四男として生まれ、小学校卒業後に斐川町(現・出雲市)の吉岡家の養子となる。

1932年8月、第10回ロサンゼルス五輪で、東洋人初の100m6位入賞を果たした。以降、日本人のオリンピックの短距離種目での決勝進出者は1992年バルセロナオリンピック400m走での高野進まで現れなかった。このロサンゼルス五輪の100メートル走で金メダルをとり、「深夜の超特急」と呼ばれたエディ・トーラン選手にちなんでスポーツライターの川本信正(当時読売新聞記者)がつけた暁の超特急という呼び名は有名である。当時世界トップレベルのスタートダッシュを誇った。

1935年6月9日南甲子園運動場、関東近畿フィリピン対抗陸上競技大会)と6月15日明治神宮外苑競技場、日比対抗戦)には10秒3の世界タイ記録(他にラルフ・メトカーフらを含む4人が記録)を達成。この記録は日本陸上界の短距離走が世界に追いついたことを意味する非常に意義のあるものだった[2]

その翌年のベルリンオリンピックには日本中からメダル獲得の大きな期待を寄せられて出場したが、それがプレッシャーとなり、10秒8の平凡な記録で2次予選落ちしてしまう。その結果に責任を感じた吉岡は自殺まで考え、ノイローゼ寸前になった。しかし日本で迎えた小学生に「吉岡選手、悲観するな。この次のオリンピックで頑張ってください」と励まされたことで再び競技の道に戻ることができた。

現役を退き1941年には広島高等師範学校に招かれ教授に就任。1945年8月6日には同校学生を連れて東洋工業内で勤労奉仕中、原爆投下に遭うが、爆心地から10km離れていたため自身に大きな怪我はなかった。しかし中心部に残った家族に会うため、途中瀕死の人達を無視し先を急いだ自身の行動にショックを受け教職を捨てた。戦後は広島県庁教育委員会保健体育課長に職を移り、1950年国民体育大会広島開催に尽力するなど戦後の約10年間、陸上の現場から離れ体育行政に携わった。また1952年には、広島カープの初代トレーナーを勤めるなど当地のスポーツ界に功績を残した。

こうして裏方の仕事を続けるうち指導者としてベルリンの屈辱を晴らしたいと強く願い、リッカーミシン陸上部監督として55歳で陸上の現場に復帰。飯島秀雄依田郁子らを指導した。1964年東京オリンピック終了後にリッカーミシンを辞し、東京女子体育大学に赴任した。また、生涯にわたって100mを走ることにこだわり、晩年に至るまで走り続けた。

1984年5月5日午後3時10分、東京の府中市にある病院にて胃がんのため死去。葬儀は5月8日に三鷹市内の寺院で営まれ、陸上関係者を中心に大勢の弔問客が訪れた。

島根県では毎年、「吉岡隆徳記念出雲陸上競技大会」および小中学生対象の「吉岡隆徳賞記念短距離記録会」が開催されている。

著書[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Takayoshi YoshiokaOlympics at Sports-Reference.com > Athletes > Takayoshi Yoshioka
  2. ^ 当時はまだ手動計時の時代であり、現在の電気計時に換算すると、吉岡の記録は概ね10秒54に相当する[要出典]

関連項目[編集]