サリー・テリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サリー・テリー(Salli Terri、1922年9月3日 - 1996年5月5日)は、20世紀アメリカを代表するカナダ出身の歌手であった。

来歴[編集]

ミシガン州デトロイトのウェイン・ステート大学(w:Wayne State University)で音楽の学士号(Bachelor of Arts degree)を取得し、さらに南カリフォルニア大学修士号(Master's degree)を得た。1950年代の初頭には東京アメリカンスクールで音楽と演劇を教え、帰国後、教員としての最後の経歴としてカリフォルニア州フラトンFullerton)のフラトン短期大学で音楽理論を教え、UCLA女声合唱団の指導をした。

その印象的なメゾソプラノにより、サリーは北米を代表する最も傑出した歌手の一人になった。彼女の音楽活動は、ロジェー・ワーグナー合唱団(Roger Wagner Chorale)とともに始まった。同合唱団が行なった多くのレコーディングにおいて、ソロ歌手、および楽曲の編曲者として参加し、1953年にはロンドンで行なわれた女王エリザベス2世戴冠式において、同合唱団とともに演奏を行なった。

サリーのレパートリーは、伝統音楽やラブソング、フォークソングバラードなどジャンルを問わない。前出のロジェー・ワーグナー合唱団のレコーディングに加えて、彼女自身もいくつかのソロアルバムを発表し、また歌手として数多くの映画やテレビ番組に出演し、ステージにも立った。また1964年公開の映画「メリー・ポピンズ」では、雌牛の声の役として出演した。

1959年の第1回グラミー賞では最優秀クラシック歌手部門にノミネートされ、アルバム「クラシックギターとのデュエット」では、共演したギタリストのローリンド・アルメイダ(w:Laurindo Almeida)とフルート奏者のマルティン・ルーダーマン(Martin Ruderman)が、同賞の最優秀クラシック部門録音技術者賞を受賞した。 作曲家のジョン・ビッグス(John Biggs、1932年 - )と結婚し、二人の娘を授かった。晩年には病にかかり、1996年カリフォルニア州ロングビーチの自宅で亡くなった。73歳。