孟嘗君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

孟嘗君(もうしょうくん)こと田 文(でん ぶん、? - 紀元前279年)は、中国戦国時代政治家戦国四君の一人。は嬀(ぎ、女偏に爲)、は田、は文。が孟嘗君である。威王の孫に当たる。

略歴[編集]

田文の登場[編集]

田文の父・田嬰宣王の異母弟で、(現在の山東省滕州)に領地を持っていた。田嬰には子が40人もおり、田文の母は身分が低かった。さらに田文が生まれたのは5月5日で、この日に生まれた子は後に親を殺すと信じられていたため、田嬰は田文を殺そうとしたが、母は密かに田文を匿って育てた(ただしこの逸話は史実かどうか意見が分かれる)。田文が成人した後に初めて父に引き合わされた際、田嬰は「ああ、何故殺さなかったのだ!」と怒りの声を上げた。すると田文は「何故殺さねばならぬのですか?」と訊いた。田嬰が「5月5日に生まれた子は門戸の高さにまで成長すると親を殺すからだ」と言うと、田文は「それなら門戸の高さをはるか高くすれば良いでしょう」と返した。これには田嬰も思うところあって田文を許し、田文は田嬰の屋敷に住むようになったが、これまでの経緯もあって冷遇されていた。

ある日、田文は田嬰に「玄孫の孫は何ですか?」と聞いた。田嬰が分からないと答えると田文は「斉の領土は一向に増えないにも関わらず、我が家は富を得ています。しかし、今では続柄がよく分からないような血縁者が多く、そうした者たちのために財産を残すのは変でしょう」と答えた。

そこで田嬰は食客を屋敷に招き、田文にその世話をさせることにした。すると食客の間で田文の評判が非常に高くなり、やがてそれが諸侯の間にまで知れ渡るほどまでになったので、田嬰は田文を跡継ぎに立てることにした。

父の跡を継いだ田文は、何でも一芸あれば拒まずと積極的に食客を迎え入れ、その数は数千を数えた。ある時、田文が食事の時に食客との間に衝立を置いたところ、食客の一人が「自分と客の料理に差をつけているから隠すのだろう」と言い立てた。これを聞いた田文はその客に料理がまったく同じだと言うことを示した。疑ったことを恥じた客は自刎して果てた。

鶏鳴狗盗[編集]

このことが更に田文の名声を高め、紀元前299年昭襄王は田文を宰相として迎え入れようとした。田文はこれに応えて秦に入ったが、ある人が昭襄王に「田文が当代一流の人材であることは認めますが、田文は斉の人ですから、秦の宰相になっても斉の利を優先するに違いありません。さりとて帰せば斉の利の為に働き、ひいては秦の脅威となるでしょう」と進言、昭襄王はこれを容れて田文が滞在している屋敷を包囲させ、田文の命は危うくなった。

田文は食客を使って昭襄王の寵姫に命乞いをしたが、寵姫は田文の持つ宝物「狐白裘」と引き替えなら昭襄王に助命を頼んでも良いという。狐白裘とはの腋の白い毛だけを集めて作った衣のことで、一着に狐が一万匹は必要と言われるほど希少なもので、田文は秦に入国する際に昭襄王にこれを献上していたのである。もう持っていないのでどうするかと悩んでいた所、食客の一人である狗盗(犬のようにすばしこい泥棒)が名乗り出て、昭襄王の蔵から狐白裘を盗んできた。これを寵姫に渡すと、その取り成しによって屋敷の包囲は解かれ、田文はひとまず危機を逃れることができた。

しかし昭襄王の気がいつ変わるかわからない。そこで田文は急いで帰国の途に着き、夜中に国境の函谷関までたどり着いた。しかし関は夜間は閉じられており、朝になって鶏の声がするまでは開けないのが規則だった。すでに気の変わった昭襄王は追っ手を差し向けており、田文もそれを察して困っていたところ、食客の一人である物真似の名人が名乗り出た。そして彼が鶏の鳴きまねをすると、それにつられて本物の鶏も鳴き始め、これによって開かれた函谷関を抜けて、田文は秦を脱出することができた[1]。昭襄王の追っ手は夜明け頃に函谷関へ着いたが、田文らが夜中に関を通ったことを知ると引き返した。こうして田文一行は虎口を脱した。

常日頃、学者や武芸者などの食客は、田文が盗みや物真似の芸しか持たないような者すら食客として受け入れていたことに不満だったが、このときばかりは「なるほど、人には使いようがある」と田文の先見の明に感心した。「鶏鳴狗盗」(けいめい くとう)の故事はここから来ている[2]

秦から斉への帰途、の村に立ち寄ったとき、田文は村人から背の低いことを馬鹿にされた。これに怒った田文は、食客と共に村人を皆殺しにした(ただしこの逸話は史実かどうか意見が分かれる)。

斉の宰相と馮驩[編集]

斉に帰った田文は宰相になり、紀元前298年匡章中国語版を統帥とするとの連合軍で秦を討った(三國聯軍攻秦之戰)。

それからしばらくして、馮驩(ふうかん。馮諼とも)という貧乏人が訪ねてきた。田文は彼を食客として迎え入れ、下級宿舎に泊まらせた。すると馮驩は剣を叩きながら「我が長剣よ、帰ろうか、食う魚なし」という歌を歌い出した。それを聞いた田文は、彼を中級宿舎に泊まらせた。すると馮驩はまた剣を叩きながら「我が長剣よ、帰ろうか、外にも出ようも御輿がない」という歌を歌い出した。それを聞いた田文は、彼を上級宿舎に泊まらせた。すると馮驩はまたもや剣を叩きながら「我が長剣よ、帰ろうか、これでは家など持てないぞ」という歌を歌い出した。これにはさすがの田文も呆れ、彼のことを1年ほど無視した。

田文は薛の領地を民に貸し与えて、その利息で食客を賄っていたが、中には利息を払わない民もいた。そのため、催促人として宿舎長より馮驩が推挙され、馮驩は民から借金を取り立てに行った。

馮驩は利息を払わない民を一堂に集め、利息を払える者には払わせた。その金で肉と酒を買い、民一同と宴会を開いて、その席で利息を払えない者に返済する当てがあるのかどうかを訊ねた。そして当てのある者には返済期限を延ばし、当てのない者の証文は別に集めさせた。すると馮驩は利息を払えない民の証文を焼き捨てた。そして「田文が土地を貸しているのは、民に仕事を賄わせるためだ。しかし田文は利息を払えないほど貧窮している者に対し、慈悲として証文を焼き払うよう命じられた。田文に感謝するように」と言った。その場にいた民は皆感服した。

しかし証文を焼かれた田文は怒り、馮驩に問いただした。すると馮驩は「利息を払えないほど貧窮している者たちに利息を払えと言っても、そうした民が逃げるだけでなく、民からは恨まれて、『田文は金を愛し民を愛さない。そして民も田文を裏切り借金を払わない』との悪評を流され、田文の名声も地に落ちることになるでしょう。私は返済の当てがない証文と引き換えに、領民へ恩義を売り、天下には田文の徳の高さを知らしめたのです」と言う。これには田文も感服することしきりだった。

その後田文は、湣王(湣は民の下に日を置いてその左にさんずい)のもとで宰相として内外の政治に当たり、斉の国力を高めた。しかし国が富強になると湣王は増長し、他国に強圧的な外交を行うようになる。そしてそれを諌める田文と、「田文あっての斉」という風評を疎ましく思うようになった。

こうして田文は斉の宰相を罷免され、それとともに田文のもとにいた3000人の食客も立ち去っていった。しかし馮驩だけは残った。そこで馮驩は田文を斉の宰相に復職させるために一芝居を打つことになった。

まず馮驩は秦へ赴き、昭襄王に謁見し「斉の宰相だった田文が秦へ仕官したがっています」と告げた。昭襄王はこの頃までには田文の才覚に一目置き、さらに自身も斉の内情に詳しかったので、すぐさま使者を出した。次に馮驩は急いで斉に戻り、湣王に謁見して「秦が田文を斉から引き抜こうとしていますが、そんなことになっては一大事です。田文を斉の宰相に復職させ、領地を増やして、詫びるべきです」と説いた。続いて湣王は秦の使者が斉に入ったことを知ると、ただちに田文を斉の宰相に復職させ領地を増やしてその非を詫びた。

田文が斉の宰相に復職すると、馮驩は立ち去った食客たちを呼び戻すように進言した。しかし田文は「私が復職できたのはひとえに貴殿の力添えがあったからだ。それにひきかえ、私が宰相を罷免されたの見て立ち去っていった奴らなど、どうして迎え入れてやろうものか。それどころか顔につばを吐いてなじってやろう」と言う。それに対し馮驩は「彼らは田文が貧窮してしまったから立ち去ったまでのことです。富豪の周りには人が多く、貧乏になるとそれが減ってしまうのは当然のことです。朝の市場には人だかりがあるが、日が暮れると人がまばらになるのは、並ぶ商品が少なくなるからです。食客たちが立ち去ってしまったのも、あなた個人を嫌った訳ではなく、これでは生活が出来ないと感じたからなのです」と言うと、田文もこれには納得し、立ち去った食客たちを呼び戻した。

狡兎三窟[編集]

ある日、馮驩は田文に「すばしっこい兎は逃げるための穴を3つ持っています。しかし田文にはまだ逃げる穴が領地である薛1つしかありません。そこで魏と斉に逃げるための穴をあと2つ作りましょう」と告げた。そこで田文は馮驩に金を持たせて工作に当たらせた。馮驩はまず魏の襄王に謁見し「湣王はかつて田文を解任したことがあります。いま名声高い田文を魏に呼べば、富国強兵に繋がるでしょう」と進言した。すると襄王は喜び、田文のために上席の地位を空けた。田文は魏に赴こうとしたが、馮驩に止められ「湣王が飛んでくるので待ちましょう」と諭した。

魏の使者が頻繁に田文のもとに出入りしていることを知った湣王は、馮驩の思惑通り田文にわびて「薛に先代の廟を立てるから、どうか斉にとどまってくれ」と言った。馮驩はそのことを聞くと「ようやく逃げる穴があと2つ出来ました」と答えた。「狡兎三窟」(こうと さんくつ)の故事はここから来ている。

しかし湣王はまたもや田文を疎ましく感じはじめる。湣王の不興を察した田文は、自ら隠棲することにした。しかしその後も民や諸侯からの評判が高く、また斉に田文がいる限り覇は無いと見た秦が強力な工作をしたこともあって、湣王の猜疑心は増々大きくなり、これでは殺されかねない情勢となってきた。そして遂に紀元前284年、田文は馮驩が作った逃げ道の1つである魏に逃げ、その宰相に迎えられた。

その後、湣王に恨みを持っていた王の意向を受けた楽毅の主導で、趙・魏・韓・秦・燕の五国連合軍が成立し、湣王の斉軍に大勝した。そして斉に攻め込んだ楽毅により湣王は殺され[3]、斉は滅亡寸前にまで追い詰められたが、田単の知略によって復興し、やがて田文も再び斉に迎えられた。

田文は紀元前279年に死去し、諡して孟嘗君と呼ばれるようになった。その死後、彼の息子たちが跡目争いをしている隙を突いて魏と斉が薛を攻め、孟嘗君の子孫は絶えてしまった。

補注[編集]

  1. ^ 百人一首』の清少納言の句「夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ」は、この故事を踏まえている。
  2. ^ ただし、後代の北宋の宰相・王安石は、その著書『読孟嘗君伝』で「鶏鳴狗吠の其の門に出ずるは、之れ士の至らざる所以なり」と、鶏鳴狗盜の輩がその門下に集まったことが逆に斉に真の人材が集まらなかった原因をなしたと批判している。
  3. ^ 宮城谷昌光著『楽毅』では楚国の将・淖歯が莒にて残虐したとある。

孟嘗君を題材にした小説[編集]