スタニスワフ・モニューシュコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタニスワフ・モニューシュコ

スタニスワフ・モニューシュコStanisław Moniuszko, 1819年5月5日 ミンスク近郊ウビエル - 1872年6月4日 ワルシャワ)はポーランド人指揮者作曲家ポーランド語歌劇声楽曲により知られる。大衆的な題材を用いて、愛国主義的な舞台作品を残し、同じような傾向のバレエ音楽も手がけた。このためにポーランド・オペラの父と称される。アダム・ミツキエヴィチらの詩による12冊の歌曲集も残した。ワルシャワのポヴァンツキ墓地に埋葬されている。ポーランドと歴史的・文化的にゆかりの深いリトアニアでも活動し、門人にセザール・キュイがいる。カロル・シマノフスキは、「国際的なショパンとローカルなモニューシュコ」という比較を行い、モニューシュコのもつ安易な地域色を克服することが20世紀ポーランド楽壇の課題であると喝破した。

主要作品[編集]

歌劇[編集]

  • ハールカ Halka(1847~48頃)
  • いかだ乗り Flis (1858頃)
  • 小作農の王 Rokiaczana (1859頃)(未完)
  • 伯爵夫人 Hrabina (1859頃)
  • 貴族の言葉 Verbum Nobile (1860頃)
  • 幽霊屋敷 Straszny Dwór (1861~1864)
  • パリア Paria (1859~1869)

バレエ音楽[編集]

  • ウィンザーの陽気な女房たち Merry Wives of Windsor (1849頃)
  • モンテ・クリスト伯 Monte Christo (1866)
  • 宿舎にて Na kwaterunku (1868)
  • 悪魔のいたずら Figle szatana (1870)