オーウェン・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オーウェン・ジョーンズ(Owen Thomas Jones、1878年4月16日1967年5月5日)は、イギリス、ウェールズの地質学者である。ウェールズの地質の研究で知られる。

ウェールズ、カーディガンシャーのビューラー (Beulah) で生まれた。1900年にウェールズ大学のカレッジを卒業した後、ケンブリッジ大学で学んだ。1903年に英国地質調査所に入り、カーマーゼンシャーペンブルックシャーの地質を研究した。1910年からウェールズ大学で教え、1919年にマンチェスター大学の地質学教授、1930年にケンブリッジ大学となった。ケンブリッジ大学では伝統のあるウッドウォード教授職に任じられた。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • "Lead and zinc: The mining district of North Cardiganshire and West Montgomeryshire" (1922年)