伴大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ばん だいすけ
伴 大介
伴 大介
近影
本名 斉藤 清憲(さいとう きよのり)
別名義 伴 直弥
生年月日 1947年5月5日(67歳)
出生地 日本の旗 日本, 埼玉県川口市
民族 日本人
身長 171cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1971年 -
主な作品
映画
『処女監禁』『リング
テレビドラマ
人造人間キカイダー』『イナズマン
鬼平犯科帳』『忍者キャプター
バトルフィーバーJ

伴 大介(ばん だいすけ、 1947年5月5日[1] - )は、日本俳優。本名は斉藤 清憲(さいとう きよのり)[2]

埼玉県川口市出身。身長171cm。血液型はO型。埼玉県立蕨高等学校明治大学文学部卒業。シーグリーン所属。

来歴・人物[編集]

大学卒業後、劇団NLTの研究生となる。1972年東映特撮テレビドラマ人造人間キカイダー』の主役に抜擢され本格的デビュー[1]。その際、原作者の石ノ森章太郎に伴 大介と命名される。

『人造人間キカイダー』終了後、姓名判断により伴 直弥(ばん なおや)へと改名。しかし、石ノ森や東映スタッフへの事前報告をせず独断で改名したため、激しい怒りを買ったという。特に吉川進からは「直弥」名義での出演を拒否され、『キカイダー01』には改名後にもかかわらず「大介」名義で出演することになった[3]。ただし、最も怒っていたのは名付け親の石ノ森だったらしく、その後『イナズマン』の現場に石ノ森が監督として現れた際に、よそよそしさを感じたという[4]。なお、同時期に二つの名義で活動したため、ファンレターで「双子なんですか?」と質問されたことがあるという[3]

忍者キャプター』では、誤解からスタッフとの間に確執が生じ、互いにそれをエスカレートさせてしまった。このことが原因となり、内定していた『特捜最前線』へのレギュラー出演が取りやめになり、しばらくの間東映から干されることになる[5][6]が、伊藤武史に代わり演じた『バトルフィーバーJ』の二代目バトルコサック/神誠役で2年ぶりに東映作品へのレギュラー出演を果たした。『バトルフィーバーJ』出演時は32歳であり、戦隊レギュラー戦士としては最年長である(2011年現在)。なお、『バトルフィーバーJ』のプロデューサーは以前「直弥」名義での出演を拒否した吉川進だったが、「直弥」名義での出演となった。これについては「怒りがようやくおさまったか、当時の自分の状況をかわいそうに思ってくれた」と推察を述べている[7]

1997年、『キカイダー』25周年に合わせて芸名を伴 大介に戻す。芸名を戻した翌年に石ノ森が逝去(断りを入れず改名したことが原因で怒らせてしまった経緯もあるため)、「先生のご存命中に(芸名を戻し)、ご報告出来たのがせめてもの救い」と語っている[8](1997年発行『キカイダー賛歌』(池田駿介・伴大介共著)において、石ノ森にインタビューを行っており、その中で伴が自身で「大介に戻す」事を報告し、石ノ森も「そうか、カムバックするか」と喜んでいた)。芸名を変えた理由は『占いで「この名前では早く死ぬ」と言われて軽く変えてしまった』と石ノ森に語っている。

趣味は読書。特技は歌唱スポーツ[9]

東の横綱・宮内洋、西の横綱・伴大介と称される[10]ように、数々のヒーローを演じた後もあらゆる役柄に挑戦している。また、華々しいゲスト出演の多い宮内と対照的に(地味ながらもしっかりと役作りした演技を根底に)ゲスト出演する機会の多い伴のファン層も多い。ファンから本人が聞いた生の声によれば、『超獣戦隊ライブマン』の星博士の生き様に感涙して伴のファンになった者もいるという[11]

『キカイダー01』で共演した池田駿介が2010年6月に死去した際、『宇宙船』VOL.129に追憶文を掲載した。偶然にも池田の死の前日(11日)に同作で別のインタビューに答えていた。

1990年代からは鶴田法男監督作品への出演も増え、特に『リング (映画)』シリーズでの伊熊平八郎(貞子の父役)は有名。また、体調を崩し激痩せしたため周囲から心配されていたが、2008年頃に完全に回復した。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

タイトル 話数 / サブタイトル 年度 役名 放映局 備考
特別機動捜査隊 第491話「最後の道化師」 1971年 NET
人造人間キカイダー 1972年 - 1973年 ジロー / キカイダー(声) 主演
ジキルとハイド 第7話「雨の慟哭」 1973年 フジテレビ
キカイダー01 1973年 - 1974年 ジロー / キカイダー(声) NET 準レギュラー
イナズマン 渡五郎 / サナギマン(声) / イナズマン(声) 主演
イナズマンF 1974年
ザ・ボディガード 第23話「対決・死闘拳」 玉木猛志
鬼平犯科帳 1975年 同心 山田市太郎 レギュラー
刑事くん 第3部 第14話「命かけても」 本間良平 TBS
ザ★ゴリラ7 第1話「武装強盗団」 NET
大非常線 第4話「必死の逃亡者」 1976年
特別機動捜査隊 第745話「大学は出たけれど」
太陽にほえろ! 第190話「パズル」 川井ツトム 日本テレビ
忍者キャプター 1976年 - 1977年 出雲大介 / 火忍キャプター7(声) 東京12チャンネル 主演
秘密戦隊ゴレンジャー 第81話「黒い疑惑!! 殺人スパイの罠」 1977年 横田鉄也 少尉 NET
特別機動捜査隊 第798話「大都会の魔手」
怪人二十面相 第20話「対決! 魔術師 二十面相に挑戦」 フジテレビ
快傑ズバット 第28話「そして、誰も居なくなる」 川名和彦 助教授 東京12チャンネル
銭形平次 第606話「紀州の子守唄」 1978年 安松 フジテレビ
特捜最前線 第50話「兇弾・神代夏子死す!」
第51話「凶弾II・面影に手錠が光る!」
青柳 テレビ朝日
スパイダーマン 第12話「華麗なる殺人マシーンへの変身」 インターポール捜査官 黒木 東京12チャンネル
土曜ワイド劇場 / いのち果てるまで 涙のホームラン テレビ朝日
バトルフィーバーJ 1979年 - 1980年 神誠 / 2代目バトルコサック(声) 第33話からの出演
新・江戸の旋風 第24話「はぐれ宿人質事件」 1980年 フジテレビ
男! あばれはっちゃく 第43話「他流試合だマル秘作戦」 1981年 浅見道場主・浅見 テレビ朝日
特捜最前線 第227話「警視庁を煙にまく男!」 所轄の刑事
新五捕物帳 第196話「命をかけてくれた女」 1982年 円助 日本テレビ
特捜最前線 第284話「恐喝!」 有田治郎 テレビ朝日
右門捕物帖 第2話「同心は悲しみを越えて」 賊の一人 日本テレビ
特捜最前線 第315話「面影列車!」 1983年 小林 テレビ朝日
ザ・サスペンス / 黄色の誘惑 TBS
右門捕物帖 第32話「泥に咲く花」 日本テレビ
火曜サスペンス劇場 / 張り子の虎
時代劇スペシャル / 音なし源 さの字殺し 手代・忠太郎 フジテレビ
特捜最前線 第352話「レイプ・紅い靴の女!」 1984年 酒巻英一 テレビ朝日
痛快あばれはっちゃく 第46話「西部の長太郎マルヒ作戦」
気分は名探偵 第10話「真犯人み〜つけた!」 新聞記者 島田 日本テレビ
暴れ九庵 第9話「哀れ! それでも夫婦」 関西テレビ
婦警候補生物語 第1話「たった一人の不適格者」 1985年 和泉巡査 日本テレビ
スケバン刑事 第16話「決死の脱出! 地獄城」 田代看守 フジテレビ
巨獣特捜ジャスピオン 第34話「鉄壁の要塞を砕く父と子の愛」 片山教授 テレビ朝日
誇りの報酬 第19話「芹沢刑事の怒りの追跡」 1986年 日本テレビ
ドラマ人間模様 / うまい話あり NHK
夏樹静子サスペンス / 事故のいきさつ 関西テレビ
太陽にほえろ! 第717話「女たちは今……」 小泉 日本テレビ
光戦隊マスクマン 第11話「地底からの亡命者」 1987年 地底忍イジン テレビ朝日
痛快!婦警候補生やるっきゃないモン! 第12話「初体験! 燃えて捜査妨害」
ジャングル 第9話「悲しみの街角」 宮内雄次 日本テレビ
銭形平次 第2話「涙は無用・忍術父娘」 弥吉
必殺剣劇人 第4話「日照り続きで、ほこりが立たあ!」 矢平次 朝日放送
土曜ワイド劇場 / 白衣の複合殺人 テレビ朝日
ドラマ女の四季 / 温泉仲居物語 濡れて哀しや湯煙り再会慕情編・陽春旅路篇 1988年 テレビ東京
超獣戦隊ライブマン 第1話「友よ君たちはなぜ?」
第2話「命に誓う三つの力」
星博士 テレビ朝日
NEWジャングル 第11話「愛妻危機一髪」 日本テレビ
火曜サスペンス劇場 / シンデレラの仮面
月曜女のサスペンス / 東名高速殺人行 白いクーペの女 テレビ東京
機動刑事ジバン 第6話「割れた恐竜の卵のひみつ」 1989年 影山 テレビ朝日
火曜サスペンス劇場 / 弁護士・朝日岳之助 真実の合奏 日本テレビ
ゴリラ・警視庁捜査第8班 第7話「キッドナップ・カンパニー」 テレビ朝日
第30話「奪われた女子大生」
長七郎江戸日記II 第60話「蛍の哭く川」 森川主膳 日本テレビ
暴れん坊将軍III 第76話「さらば! 愛しき人よ」 千吉 テレビ朝日
ハロー!グッバイ 第18話「どっちの刑事にするの」 モリタ課長 日本テレビ
なめくじ長屋捕物さわぎ 1990年 辰巳屋為五郎 TBS
ゴリラ・警視庁捜査第8班 第39話「家路」 テレビ朝日
火曜サスペンス劇場 / 松本清張スペシャル・家紋 日本テレビ
特警ウインスペクター 第9話「爆弾じかけの犬」 小山正信 刑事 テレビ朝日
ゴリラ・警視庁捜査第8班 第46話「命、燃えつきても」 医師
世にも奇妙な物語 / カウントダウン フジテレビ
森村誠一サスペンス / 死導標 関西テレビ
代表取締役刑事 第2話「終着駅」 原田 テレビ朝日
江戸川乱歩傑作シリーズ 黒蜥蜴 TBS
さすらい刑事旅情編IV 第15話「昼下がりの山手線・殺人を予言した女」 1991年 テレビ朝日
大江戸捜査網 第23話「地獄から来た虚無僧」 同心 テレビ東京
代表取締役刑事 第22話「大人は判ってくれない」 テレビ朝日
鳥人戦隊ジェットマン 第33話「ゴキブリだ」 相沢博士
世にも奇妙な物語 / 驚異の降霊術 フジテレビ
土曜ワイド劇場 / もう一つの旅路 テレビ朝日
仕掛人・藤枝梅安 第3話「梅安迷い箸」 フジテレビ
刑事貴族2 第36話「真実の瞬間」 1992年 黒部 日本テレビ
土曜ワイド劇場 / ゴルフスクール 女たちの華麗な斗い テレビ朝日
影狩り フジテレビ
徳川無頼帳 第7話「危うし吉原・阿片の罠」 テレビ東京
愛しの刑事 第7話「美談! 警視総監賞を辞退した男」 テレビ朝日
火曜サスペンス劇場 / 刑事・鬼貫八郎2 擬装心中 1993年 日本テレビ
私が愛したウルトラセブン スナックAZマスター 文太 NHK
愛しの刑事 第18話「刑事防犯課を占拠する女! 婦警が人質に!?」 テレビ朝日
電光超人グリッドマン 井上英世 TBS 準レギュラー
セールスレディは何を見た 第2話「秘密のわが子へ……妻に内緒の契約」 テレビ朝日
ドラマ新銀河 / 南部大吉交番日記 NHK
さすらい刑事旅情編VI 第10話「夜汽車の告白電話・イヴの殺意」 テレビ朝日
お金がない! 第7話「勇気もない!」 1994年 フジテレビ
ヘルプ! 第7話「ついに姿を現わした秘宝! と意外な味方」 1995年
木曜の怪談 / 怪奇倶楽部 第5話「ミイラの呪い」
奇跡のロマンス 1996年 日本テレビ
新・半七捕物帳 第15話「闇からの声」 1997年 NHK
連続テレビ小説 / あぐり 刑事
ギフト 第3話「人の指令を気の弱い人に届ける」 フジテレビ
ウルトラマンダイナ 第34話「決断の時」 1998年 ヘリオ発電所技師 毎日放送
連続テレビ小説 / すずらん 1999年 特高 NHK
ボイスラッガー 第7話「危うしスーパーヒーロー!吠える大捜査線」 港湾署副署長 テレビ東京
学校の怪談 春のたたりスペシャル / たたり フジテレビ
オルガンの家で NHK
宇宙最強ツヨイダー 2002年 霧笛強蔵 TOKYO MX
セクシーボイスアンドロボ Voice 6「ZI」 2007年 日本テレビ
女帝 第7話「No.1ホステス 父と復讐ベッドイン」 関根社長 テレビ朝日
チャンス 第5話「折れない心」 2010年 上畑社長 NHK
龍馬伝 第48話「龍の魂」 めし屋の主人
牙狼<GARO>〜MAKAISENKI〜 第19話「楽園」 2012年 ゴウキ テレビ東京

映画[編集]

タイトル 年度 役名 配給 備考
飛び出す人造人間キカイダー 1973年 ジロー / キカイダー(声) 東映 主演
飛び出す立体映画イナズマン 1974年 渡五郎 / サナギマン(声) / イナズマン(声)
処女監禁 1977年 西村政男
LEMI レミ 1988年 小川欣哉 MAT
座頭市 1989年 松竹
勝利者たち 1992年 円谷プロ = 東宝
リング 1998年 伊熊平八郎 東宝
らせん
リング2 1999年
白痴 軍の将校 松竹
リング0 バースデイ 2000年 伊熊平八郎 東宝
予言 2004年 教頭 [12]
ゲーム☆アクション 2009年 ビッグジョンジャック ローソンエンターメディア
魔法少女を忘れない 2011年 佐々木淳 テレビ西日本 / SPOTTED PRODUCTIONS
縁 -enishi- 沢中源治 縁- enishi-製作委員会
死ガ二人ヲワカツマデ… 第二章 南瓜花 -nananka- 2012年 沢中源治 日活
時空警察ヴェッカー デッドリーナイトシェード 木崎信一郎
キカイダー REBOOT 2014年 前野究治郎 東映

オリジナルビデオ[編集]

タイトル 年度 役名 メーカー 備考
セーラー服刑事 1987年 芹沢警視 NVMC
地球防衛少女イコちゃん 大江戸大作戦 1990年 次郎吉 ポニーキャニオン
ほんとにあった怖い話 第二夜 「霊のうごめく家」 1991年 ジャパンホームビデオ
宇宙から来た美少女アミ&レイミ SOLDIER COP 1992年 アント・パスタ
聖ラファエロ学園 隠密教師 JVD
母の日記 東映 人権啓発用ビデオ
妖女伝説セイレーン 1993年 円谷映像
悪霊怪談 呪われた美女たち 1996年 タテヤマ Vムーヴィ
コスプレ戦士 キューティ・ナイト2 帝国の逆襲 甲斐田ジロー 笠倉出版社
V-MONSTER1 ゴースト☆ボクサー 1999年 刑事課課長 バップ
魔神騎士ジャック☆ガイスト 2000年 三味線三郎
S7(エスセブン) 天使と美少女刑事 2001年 山室警視 コアラブックス
マル暴 組織犯罪対策部捜査四課 2005年 GPミュージアム
ガイノイド GYNOIDS-SADSTORY- 伊勢谷社長 ケンメディア
スピードファントム ミスターT GPミュージアム
鈴村健一の超人タイツ ソニー・ミュージック
御茶漬海苔の惨劇館 2010年 ビクターエンタテインメント

舞台[編集]

タイトル 年度 役名 制作 / 会場 備考
エピソード・コメディフェスティバル 1974年 劇団NLT
オウムとにわとり 1975年
男を金にする女 1991年 芸術座
伴大介・一人芝居 人造人間は愛の夢を見るか 2006年 伴大介 一人芝居制作委員会 主演
オクトの樹 2012年 クガオリ王 鬼子母神武芳稲荷紬の会
なぞらえ屋~開闢九重千曳~ 霧降仙嶽銀月聾伴閃 La・Moon
ならぬことはならぬ 2013年 農民・田村昭造 方の会第52回公演

CM[編集]

音楽[編集]

アルバム[編集]

題名 発売年 レーベル 備考
キカイダー01 1973年 日本コロムビア 挿入歌「春くれば」を歌唱
石ノ森章太郎 男も泣けるTV主題歌集 1998年 テイチク 「ゴーゴーキカイダー」を歌唱

著書[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 「伴直弥インタビュー」『宇宙船SPECIAL ’70年代特撮ヒーロー全集』 監修 金田益実、朝日ソノラマ1998年5月30日、63頁。ISBN 4-257-03533-1(初出:『宇宙船別冊 変身ヒーローアルバム』 1986年 朝日ソノラマ)
  2. ^ 『日本タレント名鑑2002』 VIPタイムズ社、2002年、356頁。
  3. ^ a b 『スイッチオン!人造人間キカイダー』 角川書店、2001年、70頁。
  4. ^ 『スイッチオン!人造人間キカイダー』 角川書店、2001年、82頁。
  5. ^ 『スイッチオン!人造人間キカイダー』 角川書店、2001年、108 - 110頁。
  6. ^ ただし、ゲスト出演は複数の作品で見られる。
  7. ^ 『スイッチオン!人造人間キカイダー』 角川書店、2001年、114頁。
  8. ^ 『スイッチオン!人造人間キカイダー』 角川書店、2001年、95頁。
  9. ^ 『日本タレント名鑑'90』 VIPタイムズ社、1990年、212頁。
  10. ^ 『スイッチオン!人造人間キカイダー』 角川書店、2001年、124頁。
  11. ^ 『スイッチオン!人造人間キカイダー』 角川書店、2001年、134 - 135頁。
  12. ^ 伴は『予言』では出番が少ないが、同プロデューサーの一瀬隆重は「伴が出演した映画はヒットする」という理由で、『リング』シリーズから引き続き出演してもらったという(DVD「予言 プレミアム・エディション」のコメンタリートラックより)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]