アルグン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルグン
ارغون خان
AbaqaOnHorseArghunStandingGhazanAsAChild.jpg
馬上のアバカ、その息子アルグン
および彼に抱き上げられている孫の幼児ガザン
在位 1284年8月11日 - 1291年3月10日
戴冠 1284年8月11日
死去 1291年3月10日
配偶者 #后妃および#側室を参照
子女 #男子および#女子を参照
王朝 イルハン朝
父親 アバカ
母親 カイミシュ・ハトゥン
テンプレートを表示

アルグン(Arγun, Arghun 1258年? - 1291年3月10日[1])は、イルハン朝の第4代君主(ハン、在位1284年8月11日 - 1291年3月10日)。

第2代君主・アバカの長男。アバカの側室の1人カイミシュ・ハトゥン(エゲチ)との息子。第5代君主・ガイハトゥの兄で、第7代君主・ガザン・ハン、第8代君主・オルジェイトゥの父。『元史』の漢字表記では阿魯渾大王、『集史』などのペルシア語表記では ارغون خان Arghāūn khān と書かれる。

生涯[編集]

継承争い[編集]

父・アバカ没後のハン位選定で叔父であるテグデル、モンケ・テムル(フレグの11男。オルジェイ・ハトゥンの息子)らを推すグループと対立した。モンケ・テムルがアバカの死から25日後の1282年4月26日にモースルで急死すると[2]、フレグとアバカの正妃でモンケ・テムル生母のオルジェイ・ハトゥンとクトイ・ハトゥンの両名は、アバカ一統が推すアルグンを後援した。しかし、他のフレグ家の王族たちや部将たちの多くが、テグデルを推し、また、「ヤサ」の規定に従い君主位の継承は宗族の年長者によるべきであるという意見もはなはだ根強かった[3]。このため、モンケ・テムルの死の10日後にあたる1282年5月6日クリルタイの全会一致をもってテグデルは即位することとなった。

しかし、テグデル推戴後もアルグンは弟のガイハトゥや従兄弟のバイドゥらとともにたびたび叛乱を起こし、一度ならずテグデル側に捕縛されたが、逆にテグデルを捕らえた。この争乱の最中にアルグンを擁護していた叔父のコンクルタイをテグデルが処刑し、これを恨んだ生母アジャジュ・エゲチらコンクルタイ家の人々が復讐としてテグデルを処刑するよう迫り、結局テグデルは1284年8月10日に処刑された。

アバカは一時離反した叔父のフラチュと和解すると、弟ガイハトゥらの推戴を受けて、マラーガ英語版近傍のハシュトルード川とクルバーン・シラとの間にあったカムシウンという夏営地においてクリルタイを開催し、1284年8月11日に即位した[4]

1286年2月24日(諸説あり)、モンゴル皇帝(カアン)クビライから勅書を奉じた使者が来訪し、アルグンにハンの称号を与え、アバカの君主位継承が追認された[5]

晩年[編集]

晩年は病を得て、1291年3月10日に現在のアゼルバイジャン共和国のあるアッラーン地方で冬営中に34歳で病没した。

その後、彼の遺骸はイラン中部ザンジャーンとアブハルの中間にあったモンゴル語で「コンクル・ウラング」と呼ばれたシャルーヤーズ草原の南部、スィジャース山に埋葬された。このコンクル・ウラングに後年オルジェイトゥは自らの廟墓(オルジェイトゥ廟)を含むソルターニーイェを建設している。

ヨーロッパへの使節派遣[編集]

アルグン発令のフィリップ4世宛て勅書。イルハン朝側がエジプトを制圧し、1291年2月21日頃までにフランス王国側がダマスクス周辺を奪取する計画が提案され、成功した暁にはフィリップ4世にエルサレムを与える事が書かれている。(1289年6月21日付け)
アルグン発令のローマ教皇ニコラウス4世宛て勅書(1290年)

アルグンの治世にはマムルーク朝対策のため、ヨーロッパの勢力に使者を交していたことが知られている。主にローマ教皇庁フランス王国へのものが有名である。1288年ネストリウス派の「カタイとオング諸都市の首都大主教」バール・サウマらがローマへ派遣され、教皇ニコラウス4世に謁見して国書を手渡した。ニコラウス4世はこれを大いに歓迎してキリスト教徒の君主であるアルグンを称讃し、返書では「聖地エルサレムをキリスト教徒側に奪還してエルサレム王国の解放は遠からず容易に達成するであろう」とアルグンのエルサレム入城を進言している。またエラダク、トクダンのふたりのモンゴル王妃がカトリックに改宗したと聞き、両妃にも別途に書簡を送って言祝いだと伝えられる。(前者はエラダクはアルグンと妃ウルク・ハトゥンとの娘オルジェイ・ハトゥンあたりかと考えられ、後者のトクダンは弟君ガイハトゥの母后トクダン・ハトゥンと考えられる)

また1289年にはアルグンの側近でジェノヴァ人ブスカレッロ・ド・ジスルフがローマにたどり着き、先に教皇からの返書に同意して聖地エルサレムの攻略案を了承する旨アルグンからの声明を伝え、さらにイングランド国王エドワード1世とフランス国王フィリップ4世にも同様にシリア・パレスティナ遠征の提案を了承する書簡をラテン語による注釈付きで届けたと言う。1291年1月にはこれらの書簡がフランス、イングランドに届き、8月には教皇ニコラウスはエドワード1世宛の親書でアルグンが自らの愛子にニコラウスという洗礼名を与えたことを引いて、アルグンからの書簡の紹介と十字軍への参加を要請している。しかし、この周到に錬られたシリア遠征計画も、フランスに達した2ヶ月後には、当のアルグンが病没してしまい事実上頓挫してしまった。アルグンがこれらヨーロッパの教皇と君主たちへ発した勅書の内、ニコラウス4世とフィリップ4世宛の、朱印入りのウイグル文字モンゴル語国書がそれぞれバチカン図書館フランス国立図書館に現在でも伝存している。

宗室[編集]

『集史』「アルグン・ハン紀」によると、アルグンには男子は4人、女子も4人いたという。

父母[編集]

  • 父 アバカ
  • 母 カイミシュ・エゲチ。

兄弟・姉妹[編集]

后妃[編集]

  • クトルク・ハトゥン [注 1] 大ハトゥン 四男ヒタイ・オグルの生母
    • オルジェイ・ハトゥン[注 2]
  • ウルク・ハトゥン[注 3]  後述のイェス・テムル、オルジェイトゥ、オルジェタイ、オルジェ・テムル、クトルグ・テムルの生母
  • セルジューク・ハトゥン[注 4]
  • (大)ブルガン・ハトゥン[注 5] 四女ダランチの母
    • ブルガン・ハトゥン[注 6]
  • トデイ・ハトゥン[注 7]

側室[編集]

  • コルタク・エゲチ ガザンの生母
  • クトイ
  • エルケ・エゲチ

男子[編集]

  • 長男 ガザン 母コルタク・エゲチ
  • 次男 イェス・テムル 母ウルク・ハトゥン オルジェイトゥの同母兄
  • 三男 オルジェイトゥ 母ウルク・ハトゥン
  • 四男 ヒタイ・オグル 母クトルク・ハトゥン

女子[編集]

  • 長女 オルジェタイ[注 8] 母ウルク・ハトゥン
  • 次女 オルジェ・テムル[注 9] 母ウルク・ハトゥン
  • 三女 クトルグ・テムル[注 10] 母ウルク・ハトゥン
  • 四女 ダランチ[注 11] 母ブルガン・ハトゥン

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ オイラト部族出身。オイラト首長家のクドカ・ベキの親族で、アバカの臨終に立ち会ったテンギズ・キュレゲンの娘。テンギズはグユクの皇女を娶りクトルグを儲けたため、彼女はグユク外孫にあたる。
  2. ^ ベスト部族出身のイラン駐留軍司令バイジュ・ノヤンの孫スラミシュの娘。クトルク・ハトゥンの死後、その地位を受け継ぐ。
  3. ^ ケレイト部族出身。フレグの筆頭正妃(大ハトゥン)ドクズ・ハトゥンの兄弟サリジャの娘で、オン・ハンの曾孫にあたる。
  4. ^ ルーム・セルジューク朝の第14代君主スルターンルクヌッディーン・クルチ・アルスラーン4世(在位:1248年 - 1265年)の娘。
  5. ^ バヤウト部族の有力部将ノカイ・ヤルグチの姪。アバカに最も寵愛されたの正妃。大ブルガン・ハトゥンとも。
  6. ^ コンギラト首長家当主デイ・セチェンの遠縁アバタイ・ノヤン(ヒンドゥスターン・カシュミール鎮守府軍中軍千戸長)の息子ウトマンの娘。アバカの正妃ブルガン・ハトゥンと同名異人。彼女の死後その地位を受け継ぐ。アルグンの死後はゲイハトゥが受継ぎ、ゲイハトゥの三男ジナク・プーラードを産む。
  7. ^ コンギラト部族の某の娘。父アバカの側室のひとり。アバカに嫁ぎその正妃ミリタイ・ハトゥン亡き後にその地位を継承、王女ユル・クトルグ、ノカイの母となる。後にテグデルが受け継ぎ、テグデルの大ハトゥン位を最後に継いで、その死後はアルグンの妃となった。
  8. ^ アミール・アリナクへ降嫁。
  9. ^ 大アミール・イリンジンへ降嫁。
  10. ^ ディヤール・バクルのアミール・ブラジュへ降嫁。
  11. ^ ギレイ・バウルチの息子ジャンダンへ降嫁。

出典[編集]

  1. ^ ドーソン『モンゴル帝国史 5』、239頁
  2. ^ ドーソン『モンゴル帝国史 5』、119頁
  3. ^ ドーソン『モンゴル帝国史 5』、131頁
  4. ^ ドーソン『モンゴル帝国史 5』、189-190頁
  5. ^ ドーソン『モンゴル帝国史 5』、199-200頁

参考文献[編集]

  • C.M.ドーソン『モンゴル帝国史 5』(佐口透 訳注)東洋文庫298、平凡社、1976年。
  • 志茂碩敏『モンゴル帝国史研究序説 イル汗国の中核部族』東京大学出版会、1995年。
先代:
テグデル
イルハン朝
1284年 - 1291年
次代:
ガイハトゥ