ホルヘ・ラファエル・ビデラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホルヘ・ラファエル・ビデラ・レドンド
Jorge Rafael Videla Redondo
Tte.Gral. (R) J. Videla.jpg

アルゼンチンの旗 アルゼンチン
第43代大統領
任期 1976年3月29日1981年3月28日

出生 1925年8月21日
アルゼンチンの旗 アルゼンチンブエノスアイレス州メルセデス
死去 2013年5月17日(満87歳没)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン・ブエノスアイレス州・マルコスパズ刑務所
政党 なし(軍事評議会)

ホルヘ・ラファエル・ビデラ・レドンド(Jorge Rafael Videla Redondo、1925年8月21日 - 2013年5月17日)は、アルゼンチン政治家で第43代大統領軍人出身。

人物[編集]

1976年アルゼンチン・クーデター英語版により、イサベル・ペロン大統領を失脚に追い込み、権力を掌握した。

軍事政権の崩壊後、同国の法廷により、「汚い戦争」と呼ばれる人権活動家や政敵とその家族を含む一般市民に対する拉致をはじめとして、秘密刑務所での拷問大量虐殺など、人道に対する罪により起訴され、終身刑が言い渡されている。

来歴[編集]

クーデターによる政権掌握まで[編集]

ブエノスアイレス州メルセデスに生まれる。国軍士官学校を卒業後、士官学校校長などの要職を歴任し、1973年には陸軍参謀総長、1975年にはペロン大統領により陸軍総司令官に任命された。かねてから、極度のインフレ左翼テロの多発によって、ペロンに対する信頼が失墜しきっていたこともあり、1976年3月24日にビデラを中心とする軍部はクーデター英語版を起こし、ペロンの追放に成功、軍事評議会を設置し、5日後の3月29日に大統領に就任した。

大統領として[編集]

当初ビデラは、政治ならびに経済、社会的混乱が収まれば民政を復帰させるを公約していた。しかし、国会機能を停止させ、左翼ゲリラ掃討を理由で多くの一般市民を逮捕した。これにより、1万3千人から3万人以上が行方不明となり、後に「汚い戦争」と呼ばれることとなるこの弾圧は、国内外から多くの非難を浴びることとなった。

一方、混乱に陥った国内経済を回復させる為に、それまでのペロン主義に代わって市場原理を優先する経済開発を行い、当初は多少の成果を収めることに成功したものの、外債が急増したことにより、更なるインフレを招くこととなり、大統領の座をロベルト・エドゥアルド・ビオラに譲り、自らは1981年3月28日に退陣した。

大統領退陣後[編集]

退陣後の1983年に、ラウル・アルフォンシン政権が成立した後、過去の軍事政権における関係者に対する裁判が始まった。1985年に、ビデラは殺人·拉致·拷問などに関与した罪で終身刑を言い渡されたが、1990年カルロス・メネム大統領の恩赦により釈放された。

1998年に、汚い戦争の最中に幼児誘拐を行っていたことと人民革命軍の指導者の失踪に関わっていたという2つの容疑で、再び起訴され、有罪判決を受け刑務所へ収監されることとなったが、収監から38日後に高齢を理由に自宅軟禁に減免されることとなった。

2003年に当選したネストル・キルチネル大統領は、就任後ビデラ政権の不法行為を全て清算する作業を始め、「ビデラは合法的な大統領ではなかった」との声明を発表したほか、ビデラの肖像を全ての軍学校から取り除き、軍事政権下での犯罪行為も多く起訴されることとなった。

2010年12月22日、アルゼンチンの裁判所はビデラが「人道に対する罪」を犯したとして終身刑の判決を言い渡した。判決では、ビデラが軍政トップとして、政治犯に対する拷問や殺害を直接命じたとその責任を指摘した。ビデラ自身は公判の中で、マルクス主義者による革命を防ぐための通常の治安措置だとし、当時アルゼンチンは左翼ゲリラとの内戦状態にあったと弁護していた。

2012年7月5日には左翼系活動家の子供を強制的に軍人の養子にしていた事件に関与していたとして元大統領レイナルド・ビニョーネとともに有罪判決を受けた(ビデラは禁錮50年、ビニョーネは禁錮15年)[1]

2013年5月17日、収監中のマルコスパズ刑務所にて死去[2]

出典[編集]

関連項目[編集]


公職
先代:
イサベル・ペロン
アルゼンチンの旗 アルゼンチン共和国大統領
第43代:1976 - 1981
次代:
ロベルト・エドゥアルド・ビオラ英語版