ラテラノ宮殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラテラノ宮殿とトトメス3世オベリスク、右側にはサン・ジョヴァンニ・ラテラノ教会、18世紀版画

ラテラノ宮殿(―きゅうでん)はローマ帝国時代の宮殿で、後にローマ教皇が住んでいた宮殿

ローマサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂に隣接し、現在は博物館になっている

歴史[編集]

4世紀の始めにコンスタンティヌス1世から教皇へ贈られ、サン・ジョバンニ広場のラテラノ宮殿は教皇の住居となり、約1,000年間続いた。

10世紀に、セルギウス3世火事にあった宮殿を修理、インノケンティウス3世装飾を施した。ダンテは”人間の業績を超える”と褒め讃えた。

アビニョン捕囚時代に、宮殿は衰退。

1307年1361年の火事で修復不可能なほどに被災、アヴィニョンから多く人が再建に送られたが、被災前の状態には戻らなかった。教皇はローマに戻った時、サンタ・マリア・トラステヴェレ大聖堂、次にサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂に居住、そしてバチカンに住居を建築した。シクストゥス5世は建物を取り壊し、現在ある小さくした建築を建てた。

外部リンク[編集]

  • 宮殿 - 地図、写真と版画