ベルナルド・オイギンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルナルド・オイギンス
Bernardo O'Higgins
Ohiggins.jpg

任期 1817年2月16日1823年1月28日

出生 1778年8月20日
チリの旗 チリチジャン
死去 1842年10月24日(満64歳没)
ペルーの旗 ペルーリマ

ベルナルド・オイギンスBernardo O'Higgins [berˈnarðo oˈxiɣins]、1778年8月20日 - 1842年10月24日)は、チリ軍人政治家南アメリカ各国をスペインから独立させるために活躍した。日本の歴史書などではベルナルド・オヒギンスベルナルド・オイヒンスなどと表記されることもある。アイルランド系チリ人

チリで流通している10ペソ紙幣に肖像が使用されている。

経歴[編集]

ベルナルド・オイギンスは、チリのチジャンに生まれた。父であるアンブローシオ・オイギンスアイルランドスライゴ州出身のスペイン政府官吏で、母は現地の女性でチジャンでも評判の美人であった。スペイン政府はアメリカ州で上級官僚と現地住民との結婚を禁じていたが、ベルナルドの生誕時にアンブローシオはまだ下級の軍士官に過ぎず、ベルナルドの母と結婚しなかった理由は不明である。父から離れ、父からの送金によりベルナルドは母の実家で育てられた。

父アンブローシオがペルー副王になると、ロンドンへ留学。彼はここで南アメリカ独立の気運を知り、南アメリカ独立を目指した結社ロヒア・ラウタロに入会した。

1814年、チリ南部を代表してチリ独立戦争スペイン語版英語版に加わるがスペイン軍に鎮圧された。ベルナルドはアンデス山脈を越えリオ・デ・ラ・プラタ(現アルゼンチン)へと亡命した。1817年ホセ・デ・サン=マルティンアンデス軍スペイン語版英語版に参加し、翌1818年再びアンデスを越えてチリへ侵入。アンデス軍はチャカブコの戦いスペイン語版英語版マイプーの戦いスペイン語版英語版スペイン軍に勝利し、チリの独立を不動のものとした。サン=マルティンによりチリ元首に指名され、1818年2月12日にチリの独立を宣言した。

指導者としてのオイギンスは軍士官学校を設立し、現在のチリの国旗を制定するなどした。しかし、彼の自由主義的な政治姿勢はチリの保守的な地主階級から反発を受け、1823年1月28日の保守派のクーデターにより失脚する。オイギンスはペルーに亡命し、1842年にペルーのリマで客死した。

関連項目[編集]


公職
先代:
(スペイン再占領下)
チリの旗 チリ共和国元首
1817 - 1823
次代:
アグスティン・エイスアギーレ (en
(臨時政府大統領)