ジョージ・クリフォード3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hortus. Cliffortianusの扉絵

ジョージ・クリフォード3世(George Clifford III、1685年1月7日 - 1760年4月10日)は、オランダ法律家博物学愛好家である。カール・フォン・リンネの研究を援助し、リンネが解説し、植物画家ゲオルク・エーレットが図版を描いた豪華本『クリフォート邸植物』(Hortus. Cliffortianus、1738年)出版の資金を提供した。

17世紀にイングランドから移住した裕福な家系で、アントウェルペンに生まれた。法律を学び、法学博士となった。クリフォードは、オランダ東インド会社の管理職であった。熱心な植物と動物愛好家で、オランダで有名となった、庭園動物園をHartekampに所有した。

植物学者のヨハネス・ブルマン(Johannes Burman)の家で、リンネと出会い、リンネは1735年8月、クリフォードの庭園を訪れた。リンネとブルマンを個人医として雇い、庭園の植物の目録つくりを依頼した。リンネは数ヶ月かけて、Musa Cliffortianaを完成した。

1737年に"Viridarium Cliffortianum"を出版し、1738年にゲオルク・エーレットに図版を描かせた『クリフォート邸植物』を出版した。

参考文献[編集]