ノルウェー君主一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノルウェー君主一覧(ノルウェーくんしゅいちらん)では、過去にノルウェーを支配した君主を掲げる。

王位継承は、1990年の憲法改正より最長子相続制をとっている。

ノルウェー王国(872年-1319年)[編集]

ユングリング家[編集]

スキョル家[編集]

ユングリング家[編集]

スキョル家[編集]

ユングリング家[編集]

シュル家[編集]

スウェーデン・ノルウェー連合(1319年 - 1380年)[編集]

デンマーク・ノルウェー連合(1380年 - 1814年)[編集]

カルマル同盟(1397年 - 1814年)[編集]

オルデンブルク朝[編集]

1450年以降、デンマークとの同君連合が継続した。

1523年、スウェーデンがカルマル同盟から離脱。

1536年からデンマークと合同。

エイツヴォル制憲会議(1814年)[編集]

ナポレオン戦争でのデンマークの敗北により、キール条約でスウェーデンがノルウェーの領有を認められたが、ノルウェーでは独立の気運が高まり、クリスチャン・フレデリクが国王に選出される。

スウェーデン・ノルウェー連合(1814年 - 1905年)[編集]

スウェーデンはノルウェーの独立を認めず、スウェーデン王太子カール・ヨハン(後のスウェーデン王カール14世ヨハン)によるノルウェー侵攻のすえ、クリスチャン・フレデリクが退位し、スウェーデンとの同君連合となった。

ホルシュタイン=ゴットルプ王朝[編集]

ベルナドッテ王朝[編集]

ノルウェー王国(1905年 - 現在)[編集]

ノルウェー議会はスウェーデンからの独立を決議し、オスカル2世の承認のもと分離独立した。

グリュックスブルク王朝[編集]

関連項目[編集]