スタートフィヨルド油田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタートフィヨルド油田
スタートフィヨルド油田 Platform A
スタートフィヨルド油田の位置(北海内)
スタートフィヨルド油田
スタートフィヨルド油田の位置
ノルウェー
陸上/海上 海上
座標 北緯61度15分20秒 東経1度51分14秒 / 北緯61.25556度 東経1.85389度 / 61.25556; 1.85389座標: 北緯61度15分20秒 東経1度51分14秒 / 北緯61.25556度 東経1.85389度 / 61.25556; 1.85389
運営者 スタトイルハイドロ
開発史
生産開始 1979年
生産最盛期 1987年1月16日
枯渇予想 2019年
生産
原油生産量
(1日平均バレル)
70,000

スタートフィヨルド油田英語the Statfjord oil fieldノルウェー語Statfjordfeltet)は、1979年に操業を開始した北海油田を構成する油田ガス田の一つである。北海におけるイギリスノルウェー間の海上国境に近いノルウェーの領海にスタートフィヨルド油田は位置しており、スタトイルハイドロエクソンモービルコノコフィリップスなどがこの油田を運営している。最盛期には日量700,000バレル以上の生産高を誇っていた。採掘された原油は海上で石油タンカーに積載、直接精製所に運ばれ、また、天然ガスパイプライン--Statpipe pipeline--を通してノルウェー本土に送られる。

スタートフィヨルド油田はA、B、Cの3つの石油プラットフォームから構成されており、いずれの石油プラットフォームも約250,000トンのコンクリートと、約40,000トンの施設から成り立っている。

スタートフィヨルド油田はロシアを除く欧州において、原油及び天然ガスの日量生産高1位(850,204バレル、1987年1月16日)の記録を有しているが、近年では生産高にも翳りが見えており、日量70,000バレル以下の生産高である。

スタートフィヨルド油田は油田の操業としては晩年期を迎えており、元来の埋蔵量の60%以上をすでに採掘していることから、スタトイルハイドロは天然ガスの掘削に重点を置いている。スタトイルハイドロは油層圧を維持するために、油田にガスや水を流し込むことで天然ガスの生産量を増やし、2020年過ぎまでスタートフィヨルド油田を操業する予定である[1]

石油流出事故[編集]

2007年12月、原油を石油タンカーに積み出す最中に、数千バレルの原油が北海に流出した。ノルウェー石油監督局によると、推定21,750バレル(3,000トン)が流出し、ノルウェーの流出事故では過去2位の量となった。スタトイルハイドロによるとこの事故の原因は悪天候の中、貯蔵ブイから石油タンカーNavion Britannica号に原油を積み出した為としている[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ StatoilHydro. “Statfjord late life”. 2010年7月30日閲覧。
  2. ^ “Oil spill in North Sea off Norway”. BBC News. (Wednesday, 12 December 2007). http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/7140645.stm 2010年6月4日閲覧。 

外部リンク[編集]