サテリコン (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サテリコン
Satyricon
Satyricon, Metaltown 2008.jpg
基本情報
出身地 ノルウェーの旗 ノルウェー オスロ
ジャンル ブラックメタル
活動期間 1991年 -
レーベル Moonfog
センチュリー・メディア・レコード
ソニーBMG
ロードランナー・レコード
公式サイト satyricon.no
メンバー
サティアー (ボーカルギターベースキーボード)
フロスト (ドラムス)
旧メンバー
サモス (ギター、ベース)
Wargod (ベース)
Exhurtum (ドラムス)
Lemarchand (ギター、ベース)
Kveldulv (ギター)

サテリコンSATYRICON)は、1991年ノルウェーにて結成されたブラックメタルバンドである。

略歴[編集]

デスメタルバンド、Eczemaを前身としており、同バンドがブラックメタルに音楽性を転換するのを期に、バンド名をサテリコン (Satyricon)に変更、1991年に結成された。サテリコンへのバンド名変更に併せて、サティアーが加入した。結成当初は現在のような変則的なバンドではなかったが、現在のオリジナルメンバーはサティアーただ一人である。現ドラマーのフロスト1993年に加入している。

初期は原始的なブラックメタルにトラッドさをミックスしたようなスタイルであったが、3rd『Nemesis Divina』では、ファストなブラストビートを基本に、シンフォニックな要素や抒情的なメロディを導入し、ブラックメタル史上屈指の名盤とされている。

その後も音楽性を変え、5th『Volcano』以降からはヘヴィメタルに接近したスタイルを見せ、テンポをかなり落とし、ギターリフを中心とした楽曲が中心となった。ブラストビートも聴かれなくなってきている。

現在レコーディングでは、サティアーがドラムス以外の全ての楽器を担当している。セッションメンバーも度々起用しており、エンペラーサモス(G)、ダークスローンのノクターノ・カルトなどが参加した。

2007年にはEXTREME THE DOJOセルティック・フロストナグルファーと共に初来日公演を行った。同年にLOUD PARKでも来日を果たし、ブラックメタルバンドとしては非常に珍しい、年2回の来日となった。2009年、単独来日公演も行っている。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

1349キープ・オヴ・カレシンZyklon-Bでも活動。

旧メンバー[編集]

  • サモス Samoth - ギター、ベース (1993 - 1996)
エンペラーザイクロンアークチュラスZyklon-Bでも活動。
  • Wargod - ベース (1991 - 1992)
  • Exhurtum - ドラムス (1991 - 1992)
ウルヴェルディム・ボガーカダヴァーでも活動。
  • Lemarchand - ギター、ベース (1991 - 1993, 1995)
ウルヴェルでも活動。
  • Kveldulv - ギター (1996 - 1997)
ダークスローンでも活動。

セッションメンバー[編集]

2004年のライヴにセッション参加。

思想[編集]

サティアーはあるインタビューでブラックメタルについてこう語っている。「ブラックメタルは必ずしもサタニックなものでなければならないというわけではない。それが暗澹としたものである限りは[1] 。」

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 1994年 Dark Medieval Time
  • 1994年 The Shadowthrone
  • 1996年 Nemesis Divina
  • 1999年 Rebel Extravaganza
  • 2002年 Volcano
  • 2006年 Now, Diabolical
  • 2008年 The Age Of Neno
  • 2013年 Satyricon

EP[編集]

  • 1997年 Megiddo
  • 1999年 Intermezzo II
  • 2008年 My Skin Is Cold

シングル[編集]

  • 2006年 K.I.N.G
  • 2006年 The Pentagram Burns
  • 2008年 Black Crow on a Tombstone

脚注[編集]