北欧デザイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
    アイスランドの旗 アイスランド (左上)
    デンマークの旗 デンマーク (中下)
Danish Design Centreにて
(左:Panton Chair、右:Ant Chair
スウェーデン版のウィンザー・チェア

北欧デザイン(ほくおうデザイン)は、北欧スカンディナヴィア諸国およびフィンランドにおけるデザインの総称。スカンディナヴィアデザイン[注 1]

歴史と概要[編集]

戦後、デンマーク系アメリカ人のフレデリック・ルニングが、アメリカ国内でスカンディナビアのハンドクラフト製品を輸入販売し、人気となったという。「デーニッシュ・モダーン」「スウェーディッシュ・グレース」などの造語も生まれた。ルニングは1951年に、スカンディナヴィアのデザイナーを対象としたルニングプライズ(ルニング賞)」の創設(1970年まで、北欧が対象)もした。スカンディナビアの4か国(SWE・DEN・NOR・FIN、当時のアイスランドはデンマーク領)はその後、アメリカ国内でデザインの巡回展も実施し、観光立国を目指した[1]

1957年には金工家のヤコブ・トーシュトルップ・プリッツに因む「ヤコブ賞」が創設(ノルウェー国内が対象)。ノルウェー文化省が設立した「ノシュクフォルム」から授与される[2]

そして様々なデザイナーが登場し、1950年代から1960年代ごろに隆盛したといわれる[3]。「シンプルモダン」という世界的な認知が多いという指摘もあり[4]、「スカンディナビア・ミニマリズム」という概念を取り入れた特徴のものもある[5]。範疇として、北欧建築を含む場合もある[6]

北欧家具に関しては、長く厳しい冬に室内で過ごす時間が多いという状況から、「飽きのこないシンプルなデザイン」と「機能的で長く愛用できるような実用性」を兼ね備えた家具が誕生したのではないかという説がある[7]。ノルウェーにおいては、冬の日照時間が著しく短いため、室内照明器具が暮らしの重要な役割を担っているという[8]北欧雑貨も「家で過ごす時間が楽しくなる」などの特徴が見られるという指摘がある[9]

諸説あるが代表的なノルウェー発祥のデザインとして、(Thor Bjørklundによる)チーズスライサー、(Jac Jacobsenによる)自在アームのランプなどを挙げる例がある[10]ペーパークリップはヨハン・バーラーが特許を取得した(発明者かは不詳)[11]

企業例[編集]

陶磁器
インテリア
ファッション
玩具
カメラ
電気機器
自動車


デザイナー例[編集]

参考:[12]

デンマークの旗 デンマーク

フィンランドの旗 フィンランド

スウェーデンの旗 スウェーデン

脚注[編集]

出典
  1. ^ 「デンマーク デザインの国―豊かな暮らしを創る人と造形」 p.56-60(学芸出版社 2003、島崎信
  2. ^ 『ノルウェーのデザイン―美しい風土と優れた家具・インテリア・グラフィックデザイン』p.134-135
  3. ^ 北欧デザイン とは - コトバンク知恵蔵2014、武正秀治 多摩美術大学教授)
  4. ^ 実は日本生まれ?デンマーク人デザイナーが語る北欧デザインとは(前編) 北欧ヒュゲリニュース、2013年4月2日 クリスチャン・ウェストフェール
  5. ^ 「ECCO」スカンジナビアをテーマにした秋冬コレクション発表会 AFPBB News、2011年8月5日
  6. ^ 北欧デザインの魅力が凝縮──もうひとつのイケアの顔 GQ JAPAN、2013年10月12日
  7. ^ 和室をインテリアコーディネイトで変身~おすすめスタイルのご提案 「北欧家具とは?」 大阪府住宅供給公社
  8. ^ ノルウェーの照明器具デザイン 駐日ノルウェー王国大使館
  9. ^ もっと身近に北欧流…雑貨など広がる人気 読売新聞、2014年1月27日
  10. ^ これがノルウェー人の発明って知ってた?「チーズスライサー」「ロボモップ」「バランスチェア」 | 「マイナビウーマン」
  11. ^ 『ノルウェーのデザイン―美しい風土と優れた家具・インテリア・グラフィックデザイン』p.79
  12. ^ 『北欧デザイン手帖』, レスパース, 文化出版局, 2007
  1. ^ スカンディナヴィア諸国の定義としてスウェーデンの旗 スウェーデンノルウェーの旗 ノルウェーデンマークの旗 デンマークの三国のみを指すこともあるが、スカンディナヴィアデザインの場合、フィンランドの旗 フィンランドアイスランドの旗 アイスランドを含めていうことも多い。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]