ちり鍋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ちり鍋(ちりなべ)とは、白身魚の切り身を野菜豆腐とともに水煮にした日本の鍋料理である。煮汁には味付けをしない淡泊な味わいが特徴である。冬の季語

歴史的には、魚を野菜などと水煮にした料理は中国地方四国に古くから見られた。東京で鍋料理として広まったのは、江戸時代の末から明治時代初期である[1]。なお、生魚を食べない西洋人が、出された刺身を鍋に入れて火を通して食べたのが始まりとする説もある[2]

「ちり鍋」の名の由来は、新鮮な魚の切り身を熱湯に入れると、ちりちりにちぢれて縮む様から来たとされる。白身魚の切り身など同じような材料を用いて蒸しものにした料理は、同様の理由から「ちり蒸」と呼ぶ[2]

中心となる魚の種類によって様々なバリエーションがあり、魚種名を添えて「―ちり」という名で呼ばれることが一般的である。代表的なものとしては、を使った「鱈ちり」、を使った「鯛ちり」、フグを使った「河豚ちり」が挙げられる。河豚ちりは別名「てっちり」とも呼ばれ、これはフグの俗称の「鉄砲」(毒があって当たると死ぬことから)に由来すると言われる[3]。また、白身魚だけでなく、鶏肉などの肉類を使った鍋料理も水煮方式であれば「ちり鍋」と扱われるようになっており、なかでも豚肉の薄切りを使った「豚ちり」は常夜鍋の名で知られている。

魚肉の切り身以外に添える具としては、ネギ白菜春菊などの葉物野菜が使われる。根菜類は大根ニンジンの薄切りが入ることがある。シイタケなどキノコ類も用いる。ほかに豆腐が用いられることが多く、春雨を入れることもある。水煮が基本であるが、うま味を補うために出汁昆布を加えることもある。

食べるときには取り皿でポン酢を付けて味付けする。薬味としてはアサツキもみじおろし七味唐辛子などが使われる。めいめいが薬味などで自由な味付けを楽しむことができるのが魅力の一つとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ さまざまな鍋料理の由来 - 紀文食品による解説
  2. ^ a b 信太知子、山口 佳紀(編)、2008年(平成20年)、「ちり鍋」、『暮らしのことば 新 語源辞典』、講談社 ISBN 978-4062653404:暮らしのことば, 新語源辞典 - Google ブックス
  3. ^ 信太知子、山口 佳紀(編)、2008年(平成20年)、「てっちり」、『暮らしのことば 新 語源辞典』、講談社 ISBN 978-4062653404:暮らしのことば, 新語源辞典 - Google ブックス

関連項目[編集]