シュンギク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュンギク
Chrysanthemum coronarium May 2008.jpg
シュンギクの花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: シュンギク属 Glebionis
: シュンギク G. coronarium
学名
Glebionis coronaria (L.) Cass. ex Spach
シノニム

Leucanthemum coronarium
Chrysanthemum coronarium

和名
シュンギク(春菊)
英名
crown daisy
シュンギク(葉、生)[1]
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 92 kJ (22 kcal)
3.9 g
食物繊維 3.2 g
0.3 g
飽和脂肪酸 0.02 g
一価不飽和脂肪酸 0.01 g
多価不飽和脂肪酸 0.10 g
2.3 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(48%)
380 μg
(42%)
4500 μg
チアミン(B1)
(9%)
0.10 mg
リボフラビン(B2)
(13%)
0.16 mg
ナイアシン(B3)
(5%)
0.8 mg
(5%)
0.23 mg
ビタミンB6
(10%)
0.13 mg
葉酸(B9)
(48%)
190 μg
ビタミンB12
(0%)
(0) μg
ビタミンC
(23%)
19 mg
ビタミンD
(0%)
(0) μg
ビタミンE
(12%)
1.8 mg
ビタミンK
(238%)
250 μg
ミネラル
カルシウム
(12%)
120 mg
鉄分
(13%)
1.7 mg
マグネシウム
(7%)
26 mg
リン
(6%)
44 mg
カリウム
(10%)
460 mg
ナトリウム
塩分の可能性あり)
(5%)
73 mg
亜鉛
(2%)
0.2 mg
他の成分
水分 91.8 g

成分名「塩分」を「ナトリウム」に修正したことに伴い、各記事のナトリウム量を確認中ですが、当記事のナトリウム量は未確認です。(詳細

%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)
100g中の食物繊維[2]
項目 分量
炭水化物 3.9 g
食物繊維総量 3.2 g
水溶性食物繊維 0.8 g
不溶性食物繊維 2.4 g

シュンギク(春菊、Glebionis coronaria)は、キク科シュンギク属に分類される植物。原産地は地中海沿岸。春に花を咲かせ、葉の形がキク(菊)に似ていることから春菊と呼ばれている。葉に切れ込みの少ない大葉(おおば)が四国・九州で(また「おたふく」・「ろーま」とも呼ばれる)、切れ込みのある中葉(ちゅうば)がそれ以東でそれぞれ栽培される。中葉はさらに、株立ち型と株張り型とに分かれる。香りと葉や花の形から、関西では菊菜(きくな)とも呼ばれる。稀に新菊(しんぎく)と表記されることもある。

品種[編集]

大葉種[編集]

  • 香りは弱い。
  • 葉の切れ込みが少なくて肉厚。
  • 味にクセが無く柔らかい。
  • 九州や四国に多い。

中葉種[編集]

  • 香りは強い。
  • 葉の切れ込は大葉種と小葉種の間。
  • さらに株の形で分けられる。
    • 株立ち型 茎が立ち上がって分枝。 伸長した茎葉を順次摘み取り出荷する品種(関東に多い)。
    • 株張り型 茎があまり伸びず、株ごと抜き取り流通出荷する(関西に多い)。 葉の切れ込みが株立ち型よりは浅めで丸みを帯びている。

小葉種[編集]

葉の切れ込みは深く、香りが強いものの収量が少ない為、あまり栽培されていない。

食用[編集]

春菊が食用とされるのは東アジアにおいてのみである。 特有の香りを持つを食用とし、ビタミン・カルシウム・葉緑素が豊富に含まれている。すき焼きふぐ鍋など鍋料理の具材に使われるほか、生でサラダに使われる。天麩羅のネタとしても好まれ、「春菊天」は立ち食いそば・うどん店では定番メニューのひとつである。11月から 3月

味は産地によって違い、例えば東京産の春菊は苦いが、逆に広島産は甘い。大阪府など、都市付近で栽培されることも多い。

観賞[編集]

ヨーロッパでは観賞用とされている。 日本では食用のイメージが強いせいか花のことはあまり知られていないが、写真のようにきれいな黄色い花がつく。また、舌状花の外側が白い覆輪になっているものもある。

なお、シュンギクに似た欧米の観賞用種にハナワギク Glebionis carinata があるが、これは有毒であり食用にはならない。

ギャラリー[編集]

 
 
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  2. ^ 五訂増補日本食品標準成分表