ポン酢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポン酢醤油を沿えた料理

ポン酢ぽん酢、ポンず)とは、柑橘類果汁を用いた和食調味料である。狭義のポン酢(ポンス)は、レモンライムダイダイユズスダチカボスなど柑橘類果汁酢酸を加えて味をととのえ保存性を高めたものである。酢酸を加えない柑橘類の果汁を特に生ポン酢と呼ぶこともある。また、ポンスに醤油を混ぜた「ポン酢醤油」も一般的に「ポン酢」と略して呼ばれる。

起源[編集]

ポン酢は外来語の「ポンス」が転訛し、さらに「酢」の漢字を充てた言葉である[1]。「ポンス」はオランダ語 pons に由来するが、これは蒸留酒柑橘類の果汁や砂糖スパイスを混ぜたカクテルの一種ポンチ・パンチのことであった[2](現代オランダでは廃語)。『楢林雑話』(1799年)に「和蘭の酒をポンスと云、これを製するには、焼酎一杯、水二杯沙糖宜きほどに入、肉豆蒄、香気あるために入」とある[2]

これが次にをはじめとする柑橘系果実の絞り汁を指すようになり、『日本国語大辞典』によれば、この意味での文献への初出は1884年で「又その売品は一切安売にて、其中橙は例のポンスに製することも出来るより気強く」(東京横浜毎日新聞)とある[2]19世紀末から20世紀初頭には薬用として「ポンス」や「ポンスシロップ」が売られていた[3]。やがてポンスはポン酢と解されるようになった。

ポン酢醤油[編集]

ポン酢醤油味付きポン酢)は、柑橘類の絞り汁に醤油を加えた調味料のことで、味醂鰹節昆布などの出汁を加えることもある。単に「ポン酢」と呼ぶことも多く、さまざまな既製品も市販されている。

ポン酢醤油は、和食の調味料として醤油と同様に幅広い料理に活用できる。ちり鍋水炊きしゃぶしゃぶなどの鍋料理を食べる際に手元の小鉢にとる付けタレとして用いられるほか、刺身たたき冷しゃぶあん肝等に紅葉おろしと一緒にかけたり、豆腐料理、秋刀魚などの焼き魚蒸し物酢の物などの酸味の適した料理の付けタレ、かけタレとしても用いられる。また、冷やし中華餃子の付けダレとしたり、マヨネーズと合わせて和風のドレッシングとしてサラダにかけたりもする。

ジュレポン酢[編集]

2011年から、調味料メーカー各社から相次いで「ジュレタイプ」のポン酢が発売され、好調な売れ行きを見せている[4][5]。同年2月にヤマサ醤油の「昆布ぽん酢ジュレ」、ハウス食品の「のっけてジュレぽん酢」が発売され、8月にはミツカンから「ぽんジュレ香りゆず」が発売された。

脚注[編集]

  1. ^ 小学館国語辞典編集部編「ポン酢」『日本国語大辞典』第2版、小学館、2000-2002年。
  2. ^ a b c 小学館国語辞典編集部編「ポンス」『日本国語大辞典』第2版、小学館、2000-2002年。
  3. ^ 「ポンス橙菓汁 インフルエンザ予防」(両国米沢町・万珠堂薬舗広告)『読売新聞』1891年1月27日朝刊、「暑中の飲料」(万珠堂広告、コレラ等伝染病の予防として)『朝日新聞』1895年8月8日東京朝刊、「薬用滋養飲料ポンス」(両国米沢町・万珠堂広告)『読売新聞』1899年1月8日朝刊、「橙果汁ポンス ポンスシロップ」(滝沢商店広告)「朝日新聞』1923年6月7日東京夕刊等。
  4. ^ 調味料トレンド「ぽん酢ジュレ」の売れ行き 日経ウーマンオンライン 2011年9月27日
  5. ^ 犬養裕美子「ジュレポン酢」(フードトレンド)『イミダス』2012年3月

参考文献[編集]