ピローク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピローク
Fish pie.JPG
魚のピローク
別名 Pyrih
種類 パイ
発祥地 ロシアの旗 ロシア
ウクライナの旗 ウクライナ

ピロークロシア語: пиро́г; IPA: [pʲɪˈrok] ( 聞く)、複数形:пирогиベラルーシ語: пірог北部サーミ語: pirogウクライナ語: пиріг、複数形:пирогиラテン文字:Pirog / pyrih、ピローグと表記されることもある)は、東スラヴで主に作られているパイである。ピロークには甘いものと肉や野菜を詰めた惣菜になっているものがある。ピロークという名称はスラヴ祖語で「宴」や「祝祭」を表す単語「ピル(пир)」に由来しており[1][2]、現代においても慶事の際に食べることがある[3]。ピロークは片手で食べることのできる惣菜パンのような形状をしているピロシキロシア語: пирожкиウクライナ語: пиріжки)とは異なり、パイとして作られる。

鶏肉、キノコ、米を詰めたブリヌイの層のあるピローク、クルニク(Kurnik)
ウクライナのピローク

形状[編集]

ピロークの標準的な形状は楕円形であるが、形や長方形のピロークもまた一般的である。ピロークには完全に閉じた形もしくはタルトのような表層部の皮がない形のものがある[4]。スウェーデンで作られているピロークは三角形をしている[5]

生地[編集]

ピロークのは通常酵母発酵させたパン生地を用いて作る[6]が、パイ生地から作ることも可能である。

詰め物[編集]

ピロークの中に詰める材料は甘いものやクワルクカッテージチーズといったチーズリンゴプラムベリーなどの果物、 さらにははちみつやナッツ芥子粒なども用いる。惣菜として用いる場合、中にはキノコキャベツソバの実ジャガイモなどを詰める。ウクライナ料理ロシア料理では、惣菜としてのピロークはピロシキと同様、伝統的には透明なボルシチ出汁コンソメの添え物として提供される[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ushakov Dictionary of Russian language, Moscow, 1935-1940
  2. ^ Etymological dictionary of Ukrainian language (2003), vol 4. (ウクライナ語), Naukova Dumka, Kiev. ISBN 966-00-0590-3(4)
  3. ^ 日本語研修のロシア人留学生が帰国しました”. ロシア極東連邦総合大学函館校 (2012年12月). 2014年3月27日閲覧。
  4. ^ a b Stechishin, S. (1989). Traditional Ukrainian Cookery. Trident Press, Canada. ISBN 0-919490-36-0
  5. ^ Picknick-piroger ICA Sverige AB (スウェーデン語)
  6. ^ 世界の窓 - ロシア・カルーガ 尾高優子さん”. NHK (2011年11月21日). 2014年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]