パン生地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パン生地
チャパティの生地を練るところ

パン生地(パンきじ)とは、あらゆる穀物から作られた穀粉と少量のなどの液体を混ぜることによって作られたペーストで、特に流動性のないものを言う。流動性のあるものも含む一般の生地については、生地 (食品)を参照。この状態はまた、さまざまな食品、特に種無しパンパンケーキクラストペストリーダンプリングなどを含むパンおよびパンベースの食品を作る過程である。これは世界中で作られる小麦トウモロコシなどの穀類や類似の作物から作られたすべての種類のパンを含んでいる。

中央インドの多くの地域では、そのような手早い方法でパン生地団子のローストやbaatiが作られる。アフリカのサヘル地域の国々では、モロコシや雑穀から作られたパン生地団子を挽いて茹でたものはaiyshやbiyaと呼ばれているが、ローストはされない。ロティラヴァシュ、sangak、ユフカマッツァー、lafa、トルティーヤなどとして知られている平らな種無しパンは、世界中の多くの地域で作られている。

穀類や豆の乾式粉砕粒を水とイーストと混ぜて作られる発酵したパン生地もまた、世界中で作られている。砂糖およびはパン生地の一般的な材料である。

また、パン生地を揚げた食品も多くの文化圏で一般的である。

また、パン生地は特に子供にとって造型や手工芸に使用される。

通常、パン生地はこねる動作やこね混ぜ機に関連する非ニュートン流体である。