ベニエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
粉糖をまぶしたカフェデュモンドのベニエ
ポテトのベニエ

ベニエ(Beignet)は、ドウで揚げ、粉糖をかけた、ドーナツに似たパスティである。メープルフルーツを詰めたものはオードブルとしても人気がある。

フランスでは、ベニエは、フルーツを詰めたドウを油で揚げたパスティの総称として用いられる。ベニエとはフランス語で「揚げたドウ」という意味である。揚げたフルーツを副菜として食べる伝統は、古代ローマ時代にまで遡る。ベニエという料理名は、beignets, bugnes, merveilles, oreillettes, beignets de carnaval, bottereaux, tourtisseaux, corvechets, ganses, nouets, vautes等のようにフランス各地で微妙に異なる。

ベニエという語は、パスティのタイプよって2つの種類に対して用いられる。1つは、単純にシュー生地を揚げたもので、イタリアのzeppoleや、ドイツのspritzkuchenに相当するものである。一方、イーストで膨らませたタイプも存在する。フランスではboules de Berlinと呼ばれ、これは丸い形でジャムかフルーツを詰めたベルリンのドーナツが語源である。ポーランドのpączkiやポルトガルのBola de Berlimとも良く似ている。

ドイツ西部では、フルーツの入ったものをベニエと呼び、入っていないものをクラップフェンと呼ぶ。

アメリカ合衆国では、カフェデュモンドのようなレストランで良くベニエが出されるニューオリンズの街と関連付けられる。ルイジアナ州の公式ドーナツでもある。

コルシカ島では、クルミの粉で作ったベニエは、フリテッリとして知られる。

関連項目[編集]

出典[編集]