チュロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホットチョコレートとチュロス
スペインでの朝食の定番

チュロ西: Churro)とはスペインポルトガルおよびラテンアメリカ各国で広く食べられている揚げ菓子である。日本ではチュロおよび複数形のチュロス (Churros) として定着している[1]。 スペイン語ではチュロのロはrrで巻き舌で発音する。またチュ (Chu) にアクセントがあり少し長く発音されるため、日本語でチューロと表示されることもあるが長音ではない。

起源[編集]

マドリッドのチュレリア(チュロ屋)
チュロ、ブニュエロ、ポラの表示がある。

チュロの起源については諸説あり、代表的なものはスペイン起源とポルトガル起源である。

  • ポルトガル起源説は、16世紀初頭にに到達したポルトガル人により、中国の揚げパン油条が知られることとなり、それを模したものとしてチュロが作られ始め、その後スペインにも広まったというものである[2]
  • スペイン起源説は、スペインの羊飼いが長期に渡る野外生活の中で始めた簡易にできるパンの代用として、チュロが作られ始め、チュロという名前もヒツジナバホ・チュロ英語版[3]にこの揚げパンが似ていることから名付けられたというものである[4]。17世紀にはスペインでチュロ作りが職業として確立されており、1621年の文献にチュレロ(churrero;チュロを作る人)がチュロの値上げを申請したとの記録が残っている[5]

いずれにせよ新大陸へはポルトガル・スペインにより持ち込まれた。

ラテンアメリカ各国では様々に発展し広まっていった。小麦粉生地だけのものの他にも、チュロの中にドゥルセ・デ・レチェメキシコペルー他)やチョコレート(メキシコ)やチーズウルグアイ)などを詰めたチュロ・レイェノ (Churro relleno) も広く供されている[4]

スペインのチュレリア(チュロ屋 churrería)では朝食にチュロやチュロに似たポラ (Porra)[6] を、濃くいれたホットチョコレート[7]に浸して食べる姿が多く見られる[4]

後述の製法および理由により、断面が円形な一般の揚げドーナツに比べ硬い食感が特徴。アメリカや日本を含めその他の地域でも広まっており、チュロがドーナツ店やカフェ、ほかに遊園地テーマパークスタンド競馬場映画館、街角の屋台でも売られており、手軽な軽食として利用されている。

作り方[編集]

チュロは、小麦粉と水と少量の砂糖・塩を混ぜた生地を星型の搾り器から搾り出して油で揚げ、ハチミツ砂糖シナモンなどをまとわせたもので、形は真っ直ぐなものと湾曲したものがある。調理には搾り器と揚鍋がセットになった専用の調理機が用いられることもある。また、生地にココアなどを混ぜて味付けすることもある。

  • 星形の理由

チュロを丸い搾り器で形成すると、揚げた際に内部の固まっていない生地が急激に膨張し、爆発を起こし高温の油と共に飛び散る危険が有る。これは、生地を熱湯で練って作るために粘り気が大きく、結果閉じ込められた水分が気化して急激に膨張する(水蒸気爆発に近い現象が発生する)のが原因である。 それを防ぐため、星形にして表面積を大きくし、油から素早く伝熱することにより均等に固まりやすくすると共に効率よく生地外へ水分を放出・蒸発させ、膨張を回避しているのである。

脚注[編集]

  1. ^ ミスタードーナツやスターバックスの商品表示は単数形のチュロ。ブーツやドーナツのように単数でも一般名称として使われている日本国内では特に問題はないが、海外では一つ買う時はチュロ、複数の時はチュロスときちんと使い分けるのが望ましい。
  2. ^ Theprisma Churros: a secret history
  3. ^ ヒツジのチュラ英語版の系統の種である。
  4. ^ a b c ハフィントン・ポスト Churros: The Hidden History
  5. ^ Matilde Cuevas de la Cruz Juan Miguel Benítez Benítez, (1982), «El oficio de la churrería en Madrid», Madrid, ISBN 84-500-7614-5
  6. ^ 生地は水の分量がチュロより多めで重曹を少し入れ10分ほど寝かせた後揚げる。es:Churro#Porrasより
  7. ^ カカオはメキシコからのスペインへの逆輸入

関連項目[編集]

外部リンク[編集]