クレムシュニテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレムシュニテ

クレムシュニテドイツ語:Cremeschnitte、クロアチア語:Kremšnita クレームシュニッタ、スロベニア語:Kremna rezina クレムナ・レジーナ、スロバキア語:Krémeš クレーメシュ)とは、バニラカスタードクリームパイ生地で挟んだケーキ菓子である。中央ヨーロッパ諸国でよく見られ、多くの地域差があるが、すべてに共通してパイ生地にカスタードクリームを挟んだ形式である。

バリエーション[編集]

  • サモボルスケ・クレムシュニテ(Samoborska kremšnita):クロアチアの首都ザグレブの西、サモボルの名物菓子。カスタードと少な目のホイップクリームの上下をパイ生地で挟み、粉砂糖を上に仕上げたケーキ
  • ザグレバチュカ・クレムシュニテ(Zagrebačka kremšnita):ザグレブの名物菓子。クリームをパイ生地で挟むのは変らないが、チョコレートアイシングで上面を覆っているのが特徴である。

語源[編集]

ドイツ語も同様に、そのまま"cream slice"(クリームの一切れ)から来ている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]