コンディトライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クサンテンにあるコンディトライ

コンディトライ (Konditorei、または Konfiserie) は、ドイツオーストリアイスラエル、北欧圏などでも見られるパティスリーカフェを併設した店舗の事である。

ケーキトルテ、菓子類(アプフェルシュトゥルーデルプチフールプラリネアイスクリーム)、コーヒーホット・チョコレート等が提供される。

営業形態[編集]

コンディトライはペイストリーを販売する一方、コーヒーやソフトドリンクを提供し、多くの店舗ではビール蒸留酒も提供する。 レストランとの主な違いは、品揃えと営業時間である。

主な店舗の営業時間は、平日AM9時から午後6時、それから土曜日の午後だけである。 最近の傾向では、繁華街やショッピングモールで営業時間を延長して営業する店が増えて成功しているが、 都心から離れた小店舗は20世紀後半以降潰れていっているのが現状である。

語源[編集]

コンディトライは普通のパン屋と違い普通のパンは作らず、砂糖漬けのフルーツや甘いパンなどの商品を作り、それらの芸術性に重きを置いている。 それらを使う事から、Konditor(コンディトライの料理長)の語源は、「果物の砂糖漬け」を意味するラテン語のcandireに由来する。それとは別にラテン語の「conditura, ae, f (condio)」、「(食べ物を)製造+(フルーツを)保存」 から来てるという説もある。

1700年代初頭にはコンディターとコンディトライという言葉が確認されている。[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ konditor Store norske leksikon. Retrieved 27 November 2013

外部リンク[編集]