洋菓子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
洋菓子の一種、イチゴショートケーキ

洋菓子(ようがし)とは、西洋(主として西ヨーロッパ)に起源をもつ菓子の総称。和菓子に対置させることで生まれた概念。

概要[編集]

大別すると、

  1. ケーキビスケットなどの焼き菓子
  2. チョコレートキャンデーなどの砂糖菓子
  3. アイスクリームシャーベットなどの冷菓氷菓

の3種に分類できるが、プリンババロアなどの洋生菓子(ようなまがし)もこれに含めることがある。

洋菓子専門店(いわゆるケーキ屋)の他、パン屋で菓子パンと共に売られていることも少なくない。また、アイスクリーム、シュークリーム、チョコレートなどの安価で人気のある洋菓子はスーパーマーケットコンビニエンスストアでも売られている。洋菓子のレシピ集なども出版されており、材料と道具が揃えば気軽に作れ、趣味としている人も多い。また、贈答品としてもよく用いられる。

歴史[編集]

洋菓子が最初に日本に伝わったのは16世紀といわれており、当時は南蛮菓子(なんばんがし)と呼ばれていた。

明治時代以降、ヨーロッパ文明が日本に導入されたときに紹介され、日本の伝統的な和菓子に対して、小麦粉などを主材料とした菓子を洋菓子と呼んで区別した。長崎カステラなどがそうである。日本に本格的に移入されたのは文明開化以降で、その時期の東京横浜大阪神戸では、日本人の手によって洋菓子が作られた。

一般的な洋菓子[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]