ラング・ド・シャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラング・ド・シャ

ラング・ド・シャフランス語: langue de chat)は、細長い独特の形をしたクッキーまたはビスケットである。この形のクッキーは17世紀に現れたようである[1]

フランス語で「」の意味で、猫の舌の形をしていることからそう呼ばれる。

室温で柔らかくして練ったバターと同量の砂糖を合わせ、それに小麦粉卵白バニラエッセンスを加えて生地を作り、薄く細長い棒状にオーブンで焼き上げる。軽く、口の中で溶けるような食感が特徴。

形の違うラング・ド・シャ[編集]

白い恋人

日本では、細長くない丸型や正方形型でもラング・ド・シャと呼ばれることもある[2]北海道銘菓「白い恋人」は、ラング・ド・シャでチョコレートホワイトチョコレートをはさんでいる。

他にラング・ド・シャを使った日本の洋菓子は長野県銘菓「白い針葉樹」や広島県世羅郡世羅町銘菓「まごころづつみ」がある。

カッツェンツンゲン[編集]

カッツェンツンゲン

ドイツ語圏では、同じ「猫の舌」という意味のカッツェンツンゲ (Katzenzunge) で、細長い棒状のチョコレートを意味する。日本語では通常、複数形のカッツェンツンゲン (Katzenzungen) と呼ばれる。

ベルギー人ショコラティエであるギャレ(ギャレGaller 創設者)が考案しこの名を付けた[3]、あるいは、オーストリアKüfferle 社(現在はリンツ&シュプリュングリLindt & Sprüngli 傘下)が1892年に生産したという[4]

脚注[編集]

  1. ^ Cookies, crackers et biscuits
  2. ^ ラングドシャークッキーと白い恋人の出会い
  3. ^ LANGUES DE CHAT CAT'S TONGUES[リンク切れ]
  4. ^ フランス語版・ドイツ語版ウィキペディアによると、Küfferle 社自身による情報(1次ソース未確認)。