パフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストロベリー・パフェ
プリン・パフェ
ミニ・コーヒーゼリーパフェ

パフェ: parfait)とは、背の高いグラスに、アイスクリームフルーツを主体として、その他の甘い具を加えたデザート。そのときどきにより、生クリームバタークリーム、チョコレート・ソースシリアルナッツなどを加える。

語源[編集]

フランス語で「完全な」という意味の parfaitフランス語発音: [parfɛ] パルフェ[1][paʁfɛ] [2])から、「完全な(デザート)」という意味だと言われる。「パフェ」は英語の発音(「パーフェイ」に近い)から。

パルフェ[編集]

フランスでのパルフェ (parfait) は、卵黄砂糖ホイップクリームを混ぜて、型につめて凍らせたアイスクリーム状の冷菓に、ソースや冷やした果物を添えて皿で供する。日本のパフェとは異なるが、このパルフェにさまざまに手が加えられ、現在の日本のパフェが完成したと考えられる。

サンデー[編集]

似たデザートに、アメリカ合衆国発祥のサンデー (sundae) がある。安息日である日曜日に贅沢なパフェを食べることを嫌ったことから、日曜日にも売れるようにより質素に作ったサンデーが登場したという説もある。

日本ではパフェとサンデーの違いについて「パフェが細長い容器が使われ、サンデーが丸い容器が使われる」「パフェは昼間のデザート、サンデーは夕方以降のデザート」「パフェは元々フルーツにアイスクリームをトッピングしたもの、サンデーは元々アイスクリームにチョコレートソースをかけたもの」など様々な説が存在するが、実際は明確な違いはない。

著名なご当地パフェ[編集]

岡山のフルーツパフェ[編集]

岡山市の岡山商工会議所は、岡山県が「晴れの国」と呼ばれるほど気候が良いために果物などの農作物がよく取れるので「フルーツ王国」と呼ばれることに着目し、女性からの支持も視野に入れてフルーツパフェをご当地グルメとして街おこし・観光アピールを行っている。岡山はフルーツ王国の異名通り、年中新鮮な各種果実が豊富に揃うため、季節ごとにいろんなフルーツパフェが楽しめるなど、バリエーションが増やせるメリットがある。

このプロジェクト「フルーツパフェの街おかやま」に賛同するホテルや飲食店、和洋菓子店など全51店舗で、岡山県産の旬の果物を主材料にしたパフェを創作・販売、「パフェの街」をアピールする。[3]

松山のとんかつパフェ[編集]

愛媛県松山市内のある老舗トンカツ店でメニューの一つとして提供されていたものであるが、市民の間で人気となり、その後全国的に知られるようになり、とんかつパフェをご当地グルメ・新松山名物として観光の目玉の一つとしている観光客もいる。[4]

主な種類[編集]

スタンダード[編集]

変わり種[編集]

画像[編集]

パフェの食品サンプル大阪市) 
パフェの食品サンプル(大阪市) 
ピーチパフェ(右、秋葉原 リナックスカフェ) 
パルフェ(おそらくドイツ) 
チョコレートパフェ(きのとや) 
とんかつパフェ(清まる 東京ミートレア店) 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アポロ仏和辞典(角川書店 ISBN 4-04-012700-5)による発音のカタカナ表記より
  2. ^ パリʁ音」で発音した場合
  3. ^ 産経ニュース フルーツパフェで街おこしプロジェクト発足 2008年平成20年)12月30日
  4. ^ 松山市に本店があるトンカツ店の登録商標である。登録商標第4929135号。2005年平成17年)7月1日出願、2006年平成18年)2月17日登録。