クロカンブッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロカンブッシュ

クロカンブッシュ(仏:croquembouche)はフランス菓子

台の上に、カスタードクリームを入れた小さなシューなどの糖衣で貼り付けながら円錐型に積み上げた飾り菓子。フランスではウエディングケーキとして使われる。シューはキャベツを表し、子孫繁栄の願いと豊かな収穫を願う物である。二人で持った木槌で割りながら分けて参列客に配る。クロカンブッシュの頂上には夫婦の像やドラジェ飴細工バラを飾る。シューが祝福してくれる人々をあらわすとも言われ、できる限り高くする傾向にある。また洗礼式や結婚式以外のお祝い事にも使われる祝い菓子である。「ピエスモンテ」(Pièce montée)の一種とされる。

名称はフランス語の"croque en bouche"で、糖衣やシューが口(bouche)の中(en)でカリッと(croque)崩れる様子を表す。"Croquenbouche"または"croquebouche"とも表記される。「サント・ノーレ」(Saint-Honoré)と呼ばれることもある。