カスタードクリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カスタードクリーム: pastry cream: crème pâtissière)は、カスタードを用いた、洋菓子に使われるソース

卵黄砂糖をよくまぜ、小麦粉コーンスターチでもよい)を加え、温めた牛乳を少しずつ加えてのばし、とろみがつくまで加熱したもの。一般的にバニラの香りをつける。薄黄色くとろりとして甘いクリームである。

ホイップクリームと異なり加熱しても変質せず、また安価なため非常に多く使われる。しかし水分が多いため日持ちがしないのが難点。このため対策としてブランデーのような、洋酒による味付けを兼ねたアルコール分の付加が行われる事も多い。

よくシュークリームに入れられるクリームであり、泡立てた生クリームを混ぜるとコクと食感が向上する。

利用例[編集]

バリエーション[編集]