クリームパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリームパン
パン屋のクリームパン

クリームパン(Custard Filled Brioches)は、菓子パンの一種で、中にカスタードクリームが入っていることを特徴とする。ただし、派生種の中には生クリームを使用したものも見受けられる。

シュークリームの美味しさに感銘を受けた中村屋の創業者相馬愛蔵1904年(明治37年)にそれをヒントにクリームパンの製造・販売を始めたのが元祖である[1][2]

製法として、クリームを生地内に詰めてから焼成するものと、焼成後にシュークリームのクリームを詰めるような道具で生地にクリームを詰めるものがある。

クリームパンにグローブ型が多いのは詰め物をしたパンは焼く時に中身に空洞が出来やすい為、空気を抜く為にグローブ型の切れ込みを入れたとする説と切れ込みから中身が判る様にする為とする説がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 企業探訪 新宿中村屋
  2. ^ 岡田哲著『たべもの起源事典』東京堂出版 p.145 2003年

関連項目[編集]