ケイジャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケイジャン(英語: Cajun)とは、「アカディア人」を意味する「アケイディアン」(acadian)の訛りで、北米にあるフランスのアカディア植民地に居住していたフランス語系の人々のうち現在の米国ルイジアナ州に移住した人々とその子孫。ケージャン。音楽分野でケイジャンという用語は、白人がアコーディオンなどを演奏する音楽の一分野をさしている。

概要[編集]

北米アカディアのフランス系住民は18世紀半ばのフレンチ・インディアン戦争の際、イギリス国王に対する忠誠表明を拒否したため、英国植民地に強制追放(Great Upheaval)され、一部が元フランス植民地でスペイン領となったルイジアナに分散して移住した。ルイジアナ州ニューオリンズおよびルイジアナ州南部の「アケイディアナ」と呼ばれる地域に定着した集団がよく知られている。1990年の国勢調査ではケイジャン人口はルイジアナ州で43万人、米国全土で60万人であった。

言語[編集]

ルイジアナ州の赤く塗られた部分がアケイディアナの22郡。ケイジャンの多くがここに居住している

多くのケイジャンのコミュニティでは、現在でもケイジャン・フレンチ(Cajun French)と呼ばれる独自のフランス語方言が話される。この言語はフランス語アカディア方言(Acadian French)をベースにフランス本土のフランス語、フランス語のケベック方言やハイチ方言、ハイチのクレオール語であるハイチ語インディアンの諸部族の言語やスペイン語英語の語彙の影響を受けている。アメリカ合衆国の政策による英語教育以降は、ケイジャン英語(Cajun English)と呼ばれるフランス語の影響を受けた英語の方言が第二言語として(より若い世代のケイジャンには第一言語として)話されている。

ケイジャン料理[編集]

ケイジャン料理とは、基本的に地元で手に入る食材を生かした、素朴でシンプルな庶民の料理である。タマネギセロリピーマン(合わせて「聖なる三位一体」(Holy Trinity)と呼ばれる)を炒めたものを料理のベースとすることが多く、これはフランス料理ミルポワMirepoix)と関係がある。パンコーンブレッドも食べられるが、主食にはを多用する。ケイジャン料理の中では、肉や野菜などの具が入り、チリペッパーなど香辛料が効いた炊き込みご飯「ジャンバラヤ」や刻み野菜と魚介類、鶏肉ソーセージ(特にアンドゥイユ、Andouilleなど)を煮込み、フィレパウダーfilé powderサッサフラスの葉を粉にしたもの)またはオクラでとろみをつけた「ガンボ(gumbo)」などがよく知られている。エビカキカニを中心に魚介類がふんだんに使われることが多く、またケイジャンは長い間自給自足せざるを得なかったため、ザリガニアメリカアリゲーターカエルといった土着の食材もよく使われる。

より都会的で洗練されたニューオリンズの伝統料理「クレオール料理」とは、基本的な素材や「聖なる三位一体」をはじめジャンバラヤやガンボなどいくつかの料理を共有するため、ルイジアナ州の外ではケイジャン料理はしばしばクレオール料理と混同されることが多い。ケイジャン料理の方がやや辛めであり、伝統的なケイジャン料理には高価な材料やフランス料理の技法が使われることはまずない。トマトの使用など、イタリア料理の影響も少ない。ケイジャン料理はだいたいにおいて庶民的であり、主菜を料理する鍋、主食(米やコーンブレッドなど)を調理する鍋、旬の野菜を調理する鍋の3つがあれば食事ができるといわれる。

音楽[編集]

ケイジャン音楽はもともとはアカディア人の伝統から発展した音楽の一ジャンル。当初はフィドルが優勢を占める楽器であったが、次第にアコーディオンが注目を浴びる楽器となった。黒人が同種の音楽を演奏するジャンルを、ザディコと呼ぶ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]