中心性色質融解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中心性色質融解(ちゅうしんせいしきしつゆうかい、英:central chromatolysis)とは神経細胞体の膨化に伴いニッスル小体が辺縁部に偏在する状態。神経細胞の軸索突起が障害が与えられて時に発生する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104