着床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

着床(ちゃくしょう、英語: implantation)とは、子宮壁の一定部位に定着し、胚の発育の準備を始める現象である。着床の確定をもって妊娠が開始する。通常、胚が子宮に侵入すると直ちに着床するが、ミンクアザラシアナグマカンガルーラットなどの一部の動物種の胚は子宮内で浮遊状態を保ち、条件が整ってから着床する。これを遅延着床と呼ぶ。着床形式により中心着床、偏心着床、壁内着床の3つに分類される。

中心着床[編集]

胚の成長とともに子宮腔が拡張し、胚子栄養膜の全面が子宮内膜に接着する。反芻類など。

偏心着床[編集]

子宮腔の中心より離れて偏在して着床する。齧歯類

壁内着床[編集]

胚が子宮内膜上皮を通って内膜内部に侵入して着床する。ヒトサルモグラハリネズミ

参考文献[編集]

関連項目[編集]