統括安全衛生責任者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

統括安全衛生責任者(とうかつあんぜんえいせいせきにんしゃ)は日本の特定元方事業者(建設業・造船業など)の現場において、安全衛生に関する統括管理をする者、及びその職名を指す。建設現場においては、建設業法における現場代理人の職務のうち、労働安全衛生法上における役割であり、通常は兼務する。

小規模な工事現場では現場監督、大規模な工事現場では現場所長に該当するものが就任する。

概要[編集]

元請下請合わせて常時50人以上の労働者を従事させる特定元方事業者元請業者)は、統括安全衛生責任者(建設業又は造船業)・元方安全衛生管理者(建設業のみ)を選任し(労働安全衛生法第15条)、作業の開始後遅滞なく作業場を管轄する労働基準監督署長に報告しなければならない。また、下記の工種においては常時30人以上で選任・報告義務がある。

  1. ずい道等の建設
  2. 圧気工法による作業
  3. 橋梁の建設(安全な作業の遂行が損なわれるおそれのある場所での仕事に限る)

統括安全衛生責任者が事故等でその職務を行うことができないときは、代理者を選任しなければならない。また、都道府県労働局長は、労働災害を防止するため必要があると認めるときは、統括安全衛生責任者の業務の執行について、選任した事業者に勧告することができる。

上記以外の工種で50(30)人未満の場合、統括安全衛生責任者の選任・報告義務はなくとも、現場の安全衛生を統括する必要があり、『中規模建設工事現場における安全衛生管理指針』で「統括安全衛生責任者に準ずる者」の選任が求められている。これにより、統括安全衛生責任者に準ずる者を選任するが、労働基準監督署に特に報告を行なわない場合、報告義務が無くても統括安全衛生責任者として、届出は行う場合などがある。また、店社安全衛生管理者の選任に代えて、統括安全衛生責任者や元方安全衛生管理者の選任を行う場合もある。

職務[編集]

統括安全衛生責任者の職務は、元方安全衛生責任者の指揮と、下請が選任する安全衛生責任者との連絡・調整、以下の事項の統括管理(特定元方事業者が講じなければならないとされる必要な措置)である。

  1. 協議組織の設置及び運営を行うこと。
  2. 作業間の連絡及び調整を行うこと。
  3. 作業場所を巡視すること。
    事業者は、統括安全衛生責任者の選任の有無にかかわらず、毎作業日に少なくとも1回、当該作業場所の巡視を行わなければならず、統括安全衛生責任者を選任した場合は巡視に関する措置について、当該統括安全衛生責任者に統括管理させなければならないが、このことは統括安全衛生責任者に直接巡視義務を課しているものではない。したがって、労働安全衛生法に定める安全衛生管理の他職とは異なり、統括安全衛生責任者は作業場の巡視頻度について特に規定は設けられていない。
  4. 関係請負人が行う労働者の安全又は衛生のための教育に対する指導及び援助を行うこと。
    関係請負人の労働者に対して、特定元方事業者が直接、安全衛生教育を行う義務はない。
  5. 仕事を行う場所が仕事ごとに異なることを常態とする業種で、厚生労働省令で定めるものに属する事業を行う特定元方事業者にあつては、仕事の工程に関する計画及び作業場所における機械、設備等の配置に関する計画を作成するとともに、当該機械、設備等を使用する作業に関し関係請負人がこの法律又はこれに基づく命令の規定に基づき講ずべき措置についての指導を行うこと。
  6. 前各号に掲げるもののほか、当該労働災害を防止するため必要な事項。

資格要件[編集]

資格要件は「事業場においてその事業の実施を統括管理する者」であり、「常時50人以上の労働者を従事させる事業場(建設現場)においてその事業の実施を統括管理」を行う、現場代理人、主任技術者監理技術者に選任されたいわゆる「現場事務所長」があたることが多い。従って、国家資格である衛生管理者(第一種・第二種)の免許など、安全衛生上の資格要件は特に必要なく、むしろ現場を統括する実質的な権限を有していることが必要と考えることができる。

安全衛生教育[編集]

建設業においては建設業労働災害防止協会で開催されている統括安全衛生責任者講習あるいは現場管理者統括管理講習、造船業においては地方運輸局と全国造船安全衛生対策推進本部が共催で行っている「統括安全衛生責任者研修会」を受講していることが望ましい。公共工事における総合評価方式による入札においては、講習受講の有無が評価項目となる場合がある。また、入札参加資格申請においても主観点の加点評価項目となる場合がある。和歌山県岡山県長崎県宮崎県など)

他職との関係[編集]

元方安全衛生管理者はいわゆる「現場副所長」が兼任するのが通常である。実質的な安全衛生管理業務は、資格を有する安全管理者、衛生管理者によって実行されることとなり、この元方安全衛生管理者を選任するのが統括安全衛生責任者である。

店社との関係[編集]

本社および支店や直営の労務者による建設現場においては、その人数規模によって衛生管理者安全管理者安全衛生推進者を選任し、下請工事の主任技術者である場合は安全衛生責任者を選任する。