管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

管理(かんり)とは、物事や一定の事務管轄し取り仕切る事である。

社会学における管理[編集]

詳しくは経営管理論も参照

社会学の中では管理とは、組織目的を効果的かつ能率的に達成するために組織そのものの維持発展を図ることである。特に企業においては、企業の目的を達成し、企業活動を円滑にするために行われる諸活動をさす。これらの活動では人員資金物品情報の4つの資源を重要視している。その資源調達し適切に配分し、有効的に活用するために人事財務制度などを整備する事、目的活動にかかわる企画評価機能の充実などが管理の代表例とされる。

法律用語における管理[編集]

民法[編集]

民法において管理とは財産またはおよび権利などを消滅させたり、その性質を変更しない範囲内で利用または改良する行為のことをさす。処分と対比される語であるが、債権の事務管理においてだけはその内容を現実化する手続きをさし、処分行為も含まれる。

管理権
親権を行う父母の、子の財産管理権等。

物品管理法[編集]

物品管理法においても管理物品取得保管供用処分の4つの行為をさす。

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • ブリタニカ国際大百科事典(ブリタニカ)
  • 法令用語事典(学陽書房、ISBN 4-313-11308-8