ダイナ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mills Brothers, 1932年

ダイナ(Dinah)は、アメリカポピュラー・ソングである。

概要[編集]

ハリー・アクスト Harry Akst作曲し、サム・M・ルイス Sam M. Lewisジョー・ヤング Joe Young とが作詞した。この歌は1925年に発表された。この歌はその年にピッツバーグで、ミュージカル猿飛カンター(原題:Kid Boots)」に取り入れられ、主役のエディー・カンター Eddie Cantor が歌った。

「ダイナ」は、その時からずっとジャズバンド歌手に非常に気に入られ、エセル・ウォーターズ Ethel Watersビング・クロスビーザ・ミルス・ブラザーズ The Mills Brothers のバージョンは非常に人気があった。ボズウェル・シスターズ The Boswell Sistersルイ・アームストロングデューク・エリントンキャブ・キャロウェイベニー・グッドマンテンペランス・セブン The Temperance Seven らがカバーし、セロニアス・モンクもカバーした。

ザ・チェンバーズ・ブラザーズ The Chambers Brothers1966年のカバーはシングルとしてリリースされ、後にアルバム「The Time Has Come」のボーナス・トラックに再収録された。

日本では、1934年(昭和9年)12月ディック・ミネのデビュー曲としてテイチクレコードから発売された。

作詞は三根耕一(ディック・ミネ)。立教大学出身の無名バンドマンだった三根徳一が、ディック・ミネと名乗り、自分で訳詞し、B面曲の「黒い瞳」と共にテイチクレコード第一号ヒット曲となった。なお、三根耕一というのはペンネームである。

日本における「ダイナ」の創唱はディック・ミネではなく、1934年5月にコロムビアから発売された、中野忠晴コロムビア・リズム・ボーイズによる「ダイナ」である。この「ダイナ」の訳詞を行ったのは中野忠晴で、内容はディック・ミネ盤とは異なっている。

その他にも「ダイナ」は、岸井明「ダイナ」、リキー・宮川「ダイナ」、テッド木村「ダイナ」、林伊佐緒「ダイナ」、榎本健一「エノケンのダイナ」、川田義雄「浪曲ダイナ」と複数の歌手に唄われている。 比較的最近(1989年)では、忌野清志郎が変名で率いたタイマーズが、「エノケンのダイナ」の替え歌「ダイナ(嫌煙のダンナ)」を、シングルのカップリング曲として発表している。

外部リンク[編集]