照明デザイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

照明デザイナー(しょうめいデザイナー、: Lighting designer)とは、照明に関する知識を利用して特殊な空間演出する職業である。

概略[編集]

自然光のみの時代には必要ない職種であったが、景観照明による観光集客効果や広告効果、ムードなどの効果など、生活の為の明かりという以上の意味合いを持たせる。 基本的には、取り扱う場面などにより、それぞれ専門的に取り扱う。

環境照明デザイン (狭義の照明デザイナー)[編集]

演出照明デザイン[編集]

照明器具デザイン(プロダクトデザイン)[編集]

  • 照明器具
  • 特殊照明器具

脚注・出典[編集]

  1. ^ 照明デザイナーを名乗る場合もあるが、これはデザインのみを担当する人が誇りを持って名乗る場合が多い。一般的にはデザインだけではなく実演中の操作を行なう場合も含めて照明家と呼ばれている。

他分野との関連[編集]

照明器具の幅広い知識が必要であるばかりでなく、電気回路などの知識も備えていることが好ましい。建築照明デザイナーである場合は建築の知識も必要とされる。

日本の照明デザイナー[編集]

関連項目[編集]