福井県産業振興施設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福井県産業振興施設
Sundome Fukui.jpg
施設情報
愛称 サンドーム福井
用途 スポーツイベント、コンサート全般、発表会、集会
収容人数 約10,000人(電動可動席:6,000席、仮設:4,000席)
設計者 協同組合福井県建築設計監理協会
川口衞
岡崎甚幸(福井大学工学部岡崎研究室)
施工 株式会社熊谷組
鹿島建設株式会社
前田建設工業株式会社
管理運営 財団法人福井県産業会館(指定管理者
構造形式 ドーム
敷地面積 50,370m²m²
建築面積 12,684m²(イベントホール棟)
3,284m²(管理会議棟)m²
延床面積 21,924m²(イベントホール棟)
5,164m²(管理会議棟)m²
階数 地上4階、地下1階
着工 1993年
竣工 1995年3月
所在地 915-0096
福井県越前市瓜生町5-1-1

福井県産業振興施設(ふくいけんさんぎょうしんこうしせつ)は、福井県越前市に所在する多目的イベントホール。1995年7月29日に開業。

愛称はサンドーム福井Sundome Fukui)で、公式にはこちらが用いられている[1]

概要[編集]

1995年10月にアジアで初めて開催された世界体操競技選手権のために建設が開始され、同年7月に開場。住所上は越前市に所在しているが、実際には越前市と鯖江市の境界線上に位置する。愛称の「サンドーム」は「sun(太陽)」や「産業」「参加」に由来し、日本海側最大級の規模[2]を持ち最大約1万人が収容可能なイベントホール棟会議室・小ホール・研修室などからなる管理会議棟の2つから構成される。

協同組合福井県建築設計監理協会を主体に設計され、構造設計には川口衛、建築計画には福井大学岡崎研究室が参加。イベントホール棟に採用されたドーム構造の建設には、川口の考案による「パンタアップ工法」が採用された。

1994年設立の財団法人サンドーム福井によって管理・運営されていたが、2006年3月で同法人は解散。同時に指定管理者制度を導入し、2006年4月に財団法人福井県産業会館による運営に移行。福井県は民間の運営を前提に指定管理者制度を導入したが、民間からの応募が無かったことから産業会館と管理面の統合を行った。

開催されたイベント等[編集]

これまでに展示会、見本市、シンポジウム、スポーツ(野球ソフトボールなどの一部球技不可)、コンサートなど、多くのイベントが開催されている。こけら落としは、福井県出身である五木ひろしのコンサートであった。

また、1999年ねんりんピック'99福井2003年全高総文祭'03福井の総合開会式、2005年国民文化祭ふくい2005の開会式・オープニングフェスティバルと全国吟詠剣詩舞道祭、第31回世界体操選手権少林寺拳法国際大会など、国内外の各種スポーツ大会が開催された。

1994年11月には建設中のサンドームで映画釣りバカ日誌7』のロケが行われた。鈴木建設がサンドームを建設し、鈴木社長(三國連太郎)が視察するという設定。実際に施工した業者は熊谷組前田建設工業鹿島建設共同企業体である。

コンサートを行った主なアーティスト[編集]

アクセス[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]