CNBLUE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CNBLUE
基本情報
出身地 韓国の旗 韓国
ジャンル Rockオルタナティヴ・ロック[1]K-POP
活動期間 2010年1月16日 -
レーベル 日本の旗 日本AI Entertainment Inc.
日本の旗ワーナーミュージック・ジャパン
韓国の旗FNC Music英語版
事務所 日本の旗AI Entertainment Inc.
韓国の旗・FNC Music
公式サイト CNBLUE
メンバー
チョン・ヨンファ(ギター・ボーカル)
イ・ジョンヒョン(ギター・ボーカル)
カン・ミンヒョク(ドラム)
イ・ジョンシン(ベース)
旧メンバー
クォン・グァンジン(ベース)

CNBLUE(シーエヌブルー、朝鮮語: 씨엔블루)は、韓国出身の4ピースバンド。 CNBLUEの名前の由来は「Code Name BLUE」。「BLUE」とはメンバー1人1人のイメージの英単語の頭文字(イ・ジョンヒョンはBurning、カン・ミンヒョクはLovely、イ・ジョンシンはUntouchable、チョン・ヨンファはEmotional)をとったものとされ、「4人で一つの色を作る」という意味も込められている。

概要[編集]

2009年
  • 6月、バンド音楽の盛んな日本で「音楽武者修行」をするため来日。渋谷、新宿を中心に、路上やライブハウスで100回以上のライブを行う。警察のお世話になったことも。
  • 8月19日、日本でインディーズレーベルからミニアルバム『Now or Never』を発売。
  • 9月、クォン・グァンジンが脱退し、イ・ジョンシンが加入。
  • 10月、メンバーのチョン・ヨンファがSBS制作のドラマ『美男<イケメン>ですね』(カン・シヌ役)で俳優テビュー。12月末、チョン・ヨンファが『美男<イケメン>ですね』(カン・シヌ役)の演技において、SBS演技大賞 ニュースター賞を受賞。
  • 11月25日、日本でインディーズレーベルからミニアルバム『voice』を発売。
2010年
  • 1月14日、韓国でミニアルバム『Bluetory』を発売、本国デビュー。各音楽番組のチャートで1位になる。
  • 3月20日、日本でフルアルバム『ThankU』を発売。
  • 5月19日、韓国でミニアルバム『BLUE LOVE』を発売。
  • 6月23日、日本でシングル「The Way」を発売。
  • 9月16日、日本でシングル「I don’t know why」を発売。
  • 12月、韓国にてゴールデンディスクアワード「デジタル部門本賞」、メロンミュージックアワード「新人賞」などを受賞。
  • アジアツアーを含めライブを精力的に行う。
2011年
  • 1月9日、日本で3枚目のシングル「RE-MAINTENANCE」を発表。インディーズながらオリコンデイリーチャートで2位を記録した。
  • 3月21日、韓国で初めてのフルアルバム『FIRST STEP』を発売し、本国カムバック。CDが売れないと言われる韓国において、10万枚を超える大ヒット。
  • 9月1日、日本でインディーズ最後のフルアルバム『392』を発売。オリコンデイリーランキング3位を記録。
  • 10月19日、ワーナーミュージックジャパンより、シングル「In My Head」で日本メジャーデビュー。オリコンデイリーランキング3位を記録。また、デビュー当日、東京・新宿ステーションスクエアにてシークレットのフリーライブを行うも、約7,000人が集まり、3曲演奏予定のところを1曲「In My Head」のみ演奏して中止となった[2]
2012年
  • 1月11日、「第26回ゴールデンディスクアワード授賞式」にてアルバム本賞を受賞。
  • 1月12日、「第26回ゴールデンディスクアワード授賞式」にて音源本賞、VIVIドリーム賞、アジア最高グループ賞を受賞。
  • 2月1日、メジャー2ndシングル「Where You Are」を発売。オリコンウィークリーチャート1位を記録。海外バンドでは41年ぶりのシングル首位獲得[3]
  • 3月26日、韓国でミニアルバム『EAR FUN』を発売。
  • 8月1日、メジャー3rdシングル「Come on」を発売。オリコンデイリーチャート4位、同ウィークリーチャート5位。
  • 8月29日、日本でメジャー1stアルバム『CODE NAME BLUE』を発売。オリコンウィークリーチャート1位[4]
  • 12月19日、メジャー4thシングル『Robot』を発売。オリコンウィークリーチャート2位。
2013年
  • 1月14日、韓国でミニアルバム『Re:BLUE』を発売。各音源サイトで1位になる。
  • 4月24日、メジャー5thシングル『Blind Love』を発売。オリコンデイリーチャート2位、同ウィークリーチャート4位。
  • 7月31日、日本メジャー6thシングル『Lady』を発売。オリコンチャート2位。
  • 8月28日、日本メジャー2ndアルバム『What turns you on?』を発売。オリコンチャート2位。
  • 12月1日、韓国で、日本ベストアルバム『PRESENT』を発売。
2014年
  • 1月29日、日本で、韓国ベストアルバム『Present』を発売。ディスクは2枚組。
  • 2月24日、韓国でミニアルバム『Can't Stop』を発売。
  • 3月15~16日、日本で『FNC KINGDOM IN JAPAN』を開催。
  • 4月23日、日本でメジャー7thシングル『Truth』を発売(決定)。

音楽[編集]

  • バンド構成はツインギター(ヨンファ:リズムギター、ジョンヒョン:リードギター)、ベース、ドラムだが、ラップやヨンファによるDJサウンドを組み込むミクスチャー系。
  • ジャンルは「オルタナティヴ・ロック[1]

メンバー[編集]

  • チョン・ヨンファ Emotional
    • ハングル表記:정용화 英語表記:Jung, Yong-Hwa(鄭容和)
    • 1989年6月22日生まれ A型 180cm 63kg 釜山出身
    • リーダー
    • ギター、ボーカル、ラップ
    • 趣味:音楽鑑賞
    • 特技:クラリネット演奏、ビートボックス
    • 米国留学経験があると噂された事があるが、父親の仕事関係で1カ月程滞在したのみと本人が番組内で訂正済み。
    • 同じ事務所の後輩JUNIELやAOA(Ace of Angels)の韓国デビューにあたり、PD・楽曲提供・デュエットなどを行う。
  • イ・ジョンヒョン Burning
    • ハングル表記:이종현 英語表記:Lee, Jong-Hyun(李宗泫)
    • 1990年5月15日生まれ O型 182cm 64kg 釜山出身
    • ギター、ボーカル
    • 趣味:音楽鑑賞、運動
    • 特技:柔道初段 テコンドー3段
    • 両親の仕事の関係で4才から8才まで(韓国年齢)日本の京都・大阪に住んでおり、そのため韓国での就学を1年遅らせた。
    • ギュラインのメンバーの1人。メンバーはSuperJuniorキュヒョン東方神起チャンミンSHINeeミノ
  • カン・ミニョク Lovely
    • ハングル表記:강민혁 英語表記:Kang, Min-Hyuk(姜敏赫)
    • ドラム
    • 1991年6月28日生まれ A型 184cm 60kg
    • 趣味:サッカー、バスケットボール
    • 特技:フルート演奏
    • Orange Caramel(오렌지 캬라멜)「Magic Girl(마법소녀)」のMVに出演。
    • JUNIEL「illa illa(일라 일라)」のMVに出演。
  • イ・ジョンシン Untouchable
    • ハングル表記:이정신 英語表記:Lee, Jung-Shin(李正信)
    • ベース、ラップ
    • 1991年9月15日生まれ A型 187cm 66kg
    • 趣味:音楽鑑賞
    • 特技:ラップ
    • 4minute「Heart to Heart」のMVに出演。

元メンバー[編集]

  • クォン・グァンジン
    • ハングル表記:권광진 英語表記:Kwon Kwang Jin(権光珍)
    • ベース
    • 1992年8月12日生まれ AB型 180cm 62kg
    • 現在は同じ事務所のN.Flyingで活動している

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番
インディーズ
1st 2010年6月23日 The Way AIMA-1003
2nd 2010年9月16日 I don’t know why AIMA-1004
3rd 2011年1月9日 RE-MAINTENANCE AIMA-1005
メジャー
1st 2011年10月19日 In My Head WPZL-30337(初回限定盤)
WPCL-11006(ローソン限定盤)
WPCL-11002(通常盤)
2nd 2012年2月1日 Where You Are WPZL-30349/50(初回限定盤)
WPCL-11029(ローソン限定盤)
WPCL-11030(通常盤)
3rd 2012年8月1日 Come on WPZL-30421/2(初回限定盤)
WPCL-11178(ローソン限定盤)
WPCL-11179(通常盤)
4th 2012年12月19日 Robot WPZL-30502/3(初回限定盤)
WPCL-11285(WARNER MUSIC DIRECT限定盤)
WPCL-11283(通常盤)
5th 2013年4月24日 Blind Love WPZL-30563/4(初回限定盤A)
WPZL-30594/5(初回限定盤B)
WPCL-11368(通常盤)

アルバム[編集]

フルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
日本インディーズ
1st 2010年3月20日 ThankU AIMA-1002
2nd 2011年9月1日 392 AIMA-1010
日本メジャー
1st 2012年8月29日 CODE NAME BLUE WPZL-30429/30(初回限定盤)
WPZL-30450/1(ローソン限定盤)
WPCL-11189(通常盤)
韓国
1st 2011年3月21日 FIRST STEP CMCC-9717

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
日本インディーズ
1st 2009年8月19日 Now or Never AIRA-0901
2nd 2009年11月25日 VOICE DQC-392
韓国
1st 2010年1月14日 Bluetory CMCC-9446
2nd 2010年5月19日 BLUE LOVE CMCC-9524
3rd 2012年3月26日 EAR FUN CMCC-9886
4th 2013年1月14日 Re:BLUE CMCC-10053

DVD[編集]

発売日 タイトル 規格品番
日本盤
2011年02月09日 CNBLUE 2nd Single Release Live Tour 〜Listen to the CNBLUE〜 AIMV-1003
2011年04月25日 CNBLUE Zepp Tour 2011〜RE-MAINTENANCE〜@Zepp Tokyo AIMV-1004
2011年06月22日 LISTEN TO THE CNBLUE CNBLUE 1ST LIVE CONCERT 2010 @ AX-KOREA AIMV-1005
2011年12月28日 CNBLUE 2nd Album Release Live'392' AIMV-1006
2012年03月14日 Winter Tour 2011 ~Here, In my head~ @国立代々木競技場第一体育館 WPBL-90169(通常盤)
WPBL-90170(ローソン限定盤)
2012年06月27日 MTV Unplugged WPZL-90017/8(初回限定盤)
WPBL-90180(通常盤)
2012年12月19日 CNBLUE 完全密着ドキュメント24時~K-POPスター世界を魅了する WPBL-90209/10
2013年3月20日 Arena Tour 2012~COME ON!!!~@SAITAMA SUPER ARENA WPBL-90204(WARNER MUSIC DIRECT限定盤)
WPBL-90203(通常盤)
2013年10月2日 Zepp Tour 2013 ~Lady~ @Zepp Tokyo WPBL-90256(WARNER MUSIC DIRECT限定盤)
WPBL-90255(通常盤)
WPXL-90028(Blu-ray)
韓国盤
2012年02月02日 BLUE STORM SBM-00039
2013年05月08日 2012 CNBLUE LIVE IN SEOUL:BLUE NIGHT

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
In My Head 日本テレビ「SUPERNATURAL:THE ANIMATION」エンディングテーマ
Where you are テレビ朝日「お願い!ランキング」2012年1月度エンディングテーマソング
テレビ朝日系「Break Out」2012年2月度 エンディング・トラック
Get Away 日本テレビ MIDNITEテレビシリーズ「ゴシップガール サードシーズン」エンディングテーマソング
Come on テレビ朝日「musicるTV」2012年7月度オープニングテーマソング
Time is over 日本テレビ MIDNITEテレビシリーズ「ゴシップガール サードシーズン」エンディングテーマソング
Robot 日本テレビ「ハッピーMusic」2012年12月度オープニングテーマソング
日本テレビ「音龍門」Baby Dragon’s Gate
Blind Love 日本テレビ「PON!」2013年4月度エンディングテーマソング

出演[編集]

テレビ番組(地上波)[編集]

日本でのライブ[編集]

  • ワンマンライブ
日程 タイトル 会場
2010年3月 CNBLUE 1st Album Release Live ~ThankU~
2010年4月 CNBLUE 1st Album Release Live Encore ~Special Thanks~
2010年6月 CNBLUE 1st Single Release Event ~The Way~
2010年9月 CNBLUE 2nd Single Release Live Tour ~Listen to the CNBLUE~
2011年1月 CNBLUE Zepp Tour 2011 ~RE-MAINTENANCE~
2011年9月 CNBLUE 2nd Album Release Live ~392~
2011年12月 CNBLUE Winter Tour 2011 ~Here, In my head~
2012年2月 CNBLUE Fanclub tour2012 ~Where you are ~
2012年10月 CNBLUE Arena Tour 2012 ~COME ON!!!~
2013年7,8月 CNBLUE Zepp Tour 2013 ~Lady~


  • フェス・イベントなど
    • K-POP All Stars in Niigata(2011年8月20日、新潟スタジアム
    • めざましライブ(2011年8月22日、お台場合衆国 MUSICスタジアム)
    • 音楽と髭達2011 〜message〜(2011年8月27日、新潟県長岡市)
    • リンキン・パークの来日公演 オープニングアクト(2011年9月10日、幕張メッセ[5]
    • OTODAMA ISLAND STUDIO(2011年10月1日) - キマグレン主催
    • フリーライブ(2011年10月19日、新宿ステーションスクエア) - 『In My Head』メジャーデビューを記念したシークレットライブ
    • COUNTDOWN JAPAN 11/12(2011年12月28日、幕張メッセ国際展示場)
    • KISS(Korean International Style Show)(2012年1月25日、代々木第一体育館)
    • オンタマカーニバル2012(2012年1月29日、横浜アリーナ)
    • LOVE-1 FESTIVAL SEASON2(2012年6月16日、大阪城ホール)
    • a-nation- music week「ROCK NATION」(2012年8月12日、代々木第一体育館)
    • めざましライブ(2012年8月28日、お台場合衆国 MUSICスタジアム)
    • MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE(2012年12月24日、代々木第一体育館)
    • お台場合衆国presentsキラキラWINTERライブ(2012年12月25日、お台場合衆国 キラキラWINTERステージ)
    • ROCK IN JAAPN FES 2013
    • SUMMER SONIC 2013(2013年8月10日東京/8月11日大阪)
    • FNC KINGDOM Fantastic & Crazy(2014年3月15日・16日 武道館

出典[編集]

外部リンク[編集]