ソードブレイカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリス・ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館所蔵 全長は40cm弱

ソードブレイカー(Sword Breaker)は、武器刀剣)の一種で普通の刃と櫛状の峰をもつ短剣。 敵のレイピアサーベルなどの、比較的細身のもの)を峰の凹凸にかませて折ったり、叩き落としたりするのに使う。名前の由来は剣を折ることから。扱いは十手や琉球の古武術の武具にあるに近いが、より積極的に武器を破壊する事が可能である。相手を突くために先端は尖っている。

利き手と反対側の手に装備して使用する。マンゴーシュと同様に盾の代わりに発展した。